腕立て伏せにおいて、肩が前方に押し出され、背中が丸くなってしまうのは、手で床を「押して」しまうのが原因です。

 

トレーニングを力任せにやろうとする人に多いです。床を押してしまうと、スムーズに肘を曲げ伸ばししにくくなり、結果的にうまく腕立て伏せを行うことができなくなります。

 

一方、動画の方法は、手に体重を「乗せる」方法です。乗せていることによって、力の発揮は最小限で済むので、スムーズな肘の曲げ伸ばしが可能です。さらに、胸の筋肉が体重を支えることになり、結果的に胸をしっかり鍛えることができます。

 

「押す」と「乗せる」の違いは下の記事を参考にしてください。

 

不必要な力を抜き、必要なところだけ力を発揮する身体の使い方でトレーニングしていれば、それは必ず習慣として身に付きます。

LINEで送る
Pocket