「よい姿勢ってどんな姿勢?」と聞かれたら、どんな姿勢を思い浮かべますか?

 

おそらく、多くの人が、足から頭までまっすぐに伸びた姿勢を思い浮かべると思います。

 

では、「なぜそのような姿勢がよい姿勢といえるの?」と聞かれたらどのように答えますか?

 

もしかしたら、すぐに答えられないかもしれません。

 

この問いに対する答えは、「姿勢とは何か?」という姿勢の定義につながってきます。

 

動画でも指摘していますが、姿勢とは重力に対する身体の反応のことをいい、地球の重力に対して、人が抵抗した結果が、姿勢なのです。

 

なので、抵抗の仕方が悪ければ、姿勢が悪くなります。

 

一方、よい姿勢とは、重力に対してできるだけ身体の負担が少なくて済む状態です。

 

負担を少なくするためには、人の身体の中で固い柱として機能している骨をうまく使える姿勢を考えることが重要です。骨がうまく使えていると、筋肉や結合組織の負担が軽減されます。とくに筋肉は、自動で常に骨で支えられるように働き続けています。

 

というのは、姿勢が悪い場合、たとえば、頭が前方に出てしまっている場合、首の後ろの筋肉が頭を背骨で支えられる位置に戻そうと必死で力を発揮します。これで頭が戻ってくれば問題ないのです。しかし、重力に勝てずに頭が前方に残ったままになってしまうと、首の後ろの筋肉が常に働き続けてしまうのです。これが首の後ろの筋肉にとって負担になります。

 

この状態が続くと、首の後ろの筋肉は疲弊して首コリになってしまいますし、最悪な場合だと、支え切れなくてさらに頭が前に出てきてしまい、無理やり骨で支えるために反り腰になってしまったりと、さらに姿勢が悪くなる悪循環に陥ってしまいます。

 

このサイトのブログでは、姿勢に関する記事を多く書いています。

特に関連性の高い記事として参考にしていただきたいのは、

楽に身体を動かそうと思ったら重力のことを考える

頭の「位置」は身体全体のバランスを左右する

 

そして、動画の最後で言っている、足裏が床に吸い付くような感覚が得られる理由については、

骨を積み上げた感覚

 

さらに、足裏の感覚はかかとに強く感じられます。

少しかかと重心がちょうどいい

 

だからといって、身体を傾かせてかかとに体重をかけるのではなく、立ったときに、自然とかかとが地面押し込まれていくような状態が理想です。

 

この感覚に気を付けて普段生活しただけで、腰痛が改善されたお客様もいらっしゃいます。

 

まずは、動画を見て姿勢チェックしてみましょう!

指先挙げるのはできても、スクワットになるとバランス崩してしまう人が多いです。

LINEで送る
Pocket