例えば、片方ずつ腕を万歳をすると、左右で使われている部分の感覚が違うということがあります。

実際にやってみてください。

もし、感覚が違うなら、それは、見た目は腕を上方に挙げるという動きなのですが、実際は左右で別の運動を行っているに等しいのです。

五十肩の人は、このときに、いわゆる肩、つまり、痛みを感じている部分を使って持ち上げてしまっていることがほとんどです。

これは、肩が前方に出ていたり、上方に上がっていることによってそうなってしまっているのがほとんどです。

この状態は、姿勢、とくに背骨の積み上がり方を改善することで良くなることがあります。

だからこそ、姿勢は大事とよく言われるんですよね。

よい姿勢は、適切な感覚を得るために も重要です。ただ、言葉で伝えるのは難しいですが。

話がそれてしまいましたが、腕を挙げたときには、肩甲骨の少し下あたりに感覚が得られると適切です。

そこに感覚が得られるように姿勢を変えながら腕をあげてみると、よい姿勢の第一歩を踏み出せるでしょう。

LINEで送る
Pocket