あるお客様は、もともと腰痛に悩んでいて、私のセッションを受けはじめました。

 

姿勢が悪く、猫背になり、腰に負担がかかり、ガチガチに腰の筋肉が固まった状態でした。

そこで、猫背が改善するように、骨盤を起こす(前傾)のを邪魔する太もも裏やふくらはぎの筋肉をストレッチしたり、骨盤を起こす練習を主にしていきました。

すると、何回かセッションを行ったあと、腰痛は和らいでいきました。さらに、ゴルフでの飛距離が伸びたというのです!その方はゴルフが好きで、月に何度もゴルフに行かれるのです。

 

背骨は、生理的湾曲という自然なS字カーブを保っているときに、1番ねじりやすくなります。

 

姿勢を改善することで、背骨がねじりやすくなったことと、腰痛が気にならなくなったことで、身体がねじりやすくなり、飛距離が伸びたと考えられます。

 

現在は、あまり腰痛が出なくなったので、ゴルフをより楽しくプレイするために、身体の柔軟性をあげ、身体の使い方を覚えることで、身体の力を抜くことを練習しています。

 

姿勢を改善することで、思わぬ副次効果が生まれた例です。

LINEで送る
Pocket