膝の痛みの多くは、膝周りの筋肉のバランスが悪いことが原因です。

 

そして、そのバランスがなぜ悪くなるかといえば、骨で支えられていないからというのが大半です。

 

つまり、脛の骨に対して太腿の骨がきちんと積みあがっていないのです。

 

そして、その多くは膝が伸びないことからきています。

 

なので、膝が伸びるようになれば、骨が積み上がり、痛みが軽減されてきます。

 

私のお客様の中で、膝が痛いことがきっかけでパーソナルセッションを受けていただいているお客様が何人かいらっしゃいます。

 

その全員が、膝が伸びないのです。

 

それも、左右の脚で比べて痛むほうの脚が伸びません。

 

そこで、膝が伸びるようにセッションをしていったところ、その全員が痛みが減ったことを実感されました。

 

歩くのがおっくうになっていた人も、今ではウォーキングを欠かさないようになったとのことです。

 

膝が伸びているかを知るひとつの手段として、壁を背にして、壁にかかとをつけて立ち、ふくらはぎが壁につくかどうかチェックするという方法があります。

 

ぜひ、あなたも一度チェックしてみてください。

LINEで送る
Pocket