人間の身体は、骨の積み木を積み上げ、筋肉などによって崩れないように安定させた状態になっています。なので、骨がきちんと積み上げられていれば、それを安定させるための筋肉にかかる負担は最低限ですみます。

では、どうしたら、骨が積み上がったと自分で認識できるのでしょうか?

立位の場合で考えると、身体の1番下は足裏になります。

積み木であれば積まれている1番下の積み木に重量がかかります。

であれば、足裏に1番体重が乗ってる姿勢になれば、骨が積み上がったと認識できます。

試しに立ったまま床に向かって前屈し、骨盤から背骨をひとつひとつ積み上げるようにゆっくりおへそを見ながら上体を起こしてみましょう。

積み上げるごとにだんだん足裏が地面に押さえつけられるような感覚が得られるはずです。

そして、1番床に押さえつけられた状態が、骨を積み上げ筋肉の負担を最小限にした姿勢です。

ざっくりではありますが。

普段の立ち方と感覚が変わるかどうか試してみてください。

LINEで送る
Pocket