前回の電子書籍は「姿勢」についてでしたが、今回は「歩き方」についてです。

本書では、「歩く」というものの本質から、理論立てて身体の負担を最小限にするために必要な知識をお伝えしています。

前回お伝えした姿勢の部分を踏まえながら、身体運動の本質、身体の使い方のポイントを盛り込みました。

前回と同じ内容の部分は、中身を見直し、図を追加して、よりわかりやすいものにグレードアップさせました。

全体としても80以上の図を掲載し、より理解してもらいやすい書籍になったと自負しています。

写真撮って図を作成するまですごい時間かかりました。

写真のほとんどがしかめっつらなのはご了承ください。

以下は、そんな盛りだくさんな内容の目次です。

はじめに

第1章 なぜ足裏なのか?
第1章第1節 本書における「歩く」とは?
第1章第2節 「正しい歩き方」を考えるためにまず考えるべきこととは?
第1章第3節 歩き方を考える上で欠かせない「重力」について
第1章第4節 身体の構造から姿勢を考える
第1章第5節 良い姿勢とは?
第1章第6節 なぜ足裏を気にかければ歩き方が良くなるのか?

第2章 足裏について
第2章第1節 体重を支える3ポイント
第2章第2節 土踏まずからわかること
第2章第3節 踵体重は良くない?
第2章第4節 足裏にはどのように体重が乗っているのが良い?
コラムⅠ 人間の柱はなぜまっすぐではないのか?~背骨のS字カーブの意味~

第3章 姿勢のチェック方法
第3章第1節 姿勢チェック(立位チェック)
第3章第2節 動作チェック(スクワットチェック)
第3章第3節 片脚立ちチェック(片脚支持時のバランスチェック)
コラムⅡ 腕はどう支える?~腕の重さは吊るすよりも置く~

第4章 歩き方
第4章第1節 歩き方の基本的な考え方~地面は蹴らない~
第4章第2節 歩き方の基礎動作
第4章第3節 地面を蹴らずに推進力を加える
第4章第3節第1項 「乗せる」と「押す」の違い~重力と作用反作用の法則~
第4章第3節第2項 すべての関節は回転運動~導かれる身体動作の法則性~
第4章第3節第3項 歩くのに必要な推進力とは?
第4章第4節 正しい歩き方
コラムⅢ 発達したお尻は「ヒト」の象徴~腰痛解消の鍵~
コラムⅣ 体幹とは何か?

第5章 歩き方の応用
第5章第1節 階段上り
第5章第2節 階段下り
第5章第3節 ウォーキング
コラムⅤ 痛みが出るのは、本当に筋肉が弱いからなのか?

おわりに

これだけの内容なので、1250円という価格をつけさせてもらました。

書籍としては一般的ですが、少々高いと思われるかもしれません。

 

ただ、ここからがお得な情報です。

 

私のような無名な人間が書いたものは、いくら中身が良くてもなかなか読んでもらえないものです。

そこで、少しでも本書を多くの人に読んでもらうため、5日間限定の無料キャンペーンを設けることにしました。

このキャンペーン期間であれば、本書を無料で購入することができます。

期間は5月23日17:00~5月28日16:59(1時間程度ずれる場合もあります)

本来1250円を無料にしますので、読んでいただいたあなたには、料金の代わりといってはなんですが、Amazonでの販売ページにレビューを書いていただきたいのです。

強制できるものではないですが、いい意見も悪い意見も真摯に受け止めますので、よろしくお願いします。

足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

LINEで送る
Pocket