トレーニングの世界だけではいないですが、世の中の様々な事柄の正しさを証明するために「科学的」根拠が求められます。

そして、「科学的」に証明されれば、大部分の人が正しいと信じています。

しかし、それは本当に正しいといえるのでしょうか?なぜ「科学的」と言われるだけで説得力が増すように感じるのでしょうか?そもそも「科学的」ってなにを意味しているでしょうか?

この問いに対して、「科学的」の意味が問われたのが、STAP細胞に関する一件です。

ニュースなどでは、某研究者の発表した論文が嘘だったか否かに焦点が置かれ、盛り上がっていましたが、このときの本質的問題は、STAP細胞の存在が「科学的」といえるかどうかです。

そのために、当事者である某研究者がSTAP細胞の生成について再現しようとしましたし、その次に他の研究者が、某研究者の方法を元に再現しようとしました。

つまり、「科学的」といえるためには、誰が行っても同じ結果にならなければならないことを意味しています。

以上からわかるのは、「科学的」であるとは、誰が行っても再現性があることを意味しています。

しかも、100%の再現性である必要はなく、ある程度、たぶん統計学上の話になるのでしょうが、「科学的」であるといえるだけの再現確率があればいいのです。

だからこそ、昔、身体によいものと言われていたものが悪いといわれるようになったりします。ニュースではいまだにコーヒーが身体にいいと言われたり悪いと言われたりどっちつかずになっていますよね。

極論を言ってしまえば、「科学的」とは確率論です。この世界に絶対はありません。

特に、身体にとっての良い悪いは、まったく同じ肉体は存在しないので、人の身体によって異なる場合もあると思います。

「科学的」という言葉に惑わされず、自分にとって正しいかどうかは、できるものなら体験して確かめたほうがいいでしょうね。

もちろん、トレーニングについても、です。

参考→『簡単な統計学の話』『科学的とはどういう意味か



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket