トレーニングを考える上で、身体は何でできているか?
 
それは筋肉や骨、靭帯や皮膚などさまざまあります。それらをさらに詳細に見ていくと、タンパク質やカルシウム、そして水などがあげられるでしょう。
そして、それらは何か?たとえば、タンパク質だったらアミノ酸という分子のあつまりで構成されています。分子は原子が結合したものです。
 
さらに、原子は、陽子、中性子、電子から構成されています。
 
そんな、物質の根源、ミクロの世界に興味を持ち、そのミクロの世界に入りやすそうな簡単な本を読もうと思い、本書を購入しました。根源を理解することで、身体を理解を深めること、トレーニングの理解を深めることに役立つと考えたからです。
 
このミクロの世界は先に書いておきますが、わけわかりません(笑)通常の物理法則がまったく通用しない世界です。
 
この本からは、そんなわけわからん世界を、わけがわからないなりに、なんとか少しでも理解してもらおうという意図を感じました。
 
一見、僕たちが日常見ている世界(マクロ)とミクロの世界はまったく違う法則にのっとっているように見えます。本書にもありますが、そう考えるのが通説(多数説)のようです。
 
しかし、少数派ながら、ミクロも、マクロも、一貫した法則にのっとっていると考える人たちもいるようです。僕もそう思います。
 
そしてなんと驚いたことに、中国哲学の考え方である陰陽の概念が出てきたことにびっくりしました。僕も陰陽には非常に関心があり、なんとも運命めいたものを感じてしまいました。
 
昔の人はなんとなく自然の法則を感じ取っていたのかもしれませんね。
 
それ以上に、ミクロの世界に触れてみるに、この世には、決して真理を追究できないような、何者かの意思のようなものを不意に感じたります。僕だけでしょうか?
 
読むと言葉で言い表せないような不思議な気分になります。ただし、本書に書いてあるように、のめりこみすぎは注意ですよ!僕はまた最初からもう1回読んでみます。
 
トレーニングの真理、もといこの世の真理に迫りたい人はぜひ読んでみてください。
 

「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)

新品価格
¥555から
(2016/11/5 12:13時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket