【動画】物理的な力の3要素〜力を理解する〜

トレーニングは、筋力だけでなく、様々な力が関わっています。

今回の動画は、そもそも、「力」とは何かという話についてです。

ブログ記事としては、以前も書きました。

ちなみに、

重心とは、ざっくりいうと、物体の中心のことです。

もう少し踏み込んでいうと、 重さ(重力)を考えた場合に、その点を支えると全体を支えることができる点が重心です。

重さ的にバランスが取れる点と考えてもらったらいいです。

重力の作用点は、重心です。

身体の動きを理解するためには、筋肉についても知っていかなければならないですが、そのとき、筋肉の収縮によって、どのような力が発生するかをイメージしながら学んでもらうと、より実践的な学びになります。

筋肉の付着部である起始停止。

そして、筋繊維の方向。

羽状筋のように、筋肉全体の力の発生方向と筋繊維の方向が違う場合もありますが、大部分が筋繊維の方向に力を発揮します。

なので、付着部と繊維の方向を優先的に学ぶようにしましょう。

解剖学の書籍では、作用も書いてありますが、体勢によって書かれているものと異なる作用をする場合もありますし、書かれていない作用もあります。

あまり、作用を頭に詰め込みすぎないようにしましょう。

付着部と力の発揮方向がわかれば、作用もイメージできます。

筋肉の解剖について本格的に学ぶなら、僕も愛用している以下の本がおすすめです。

プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 第3版

新品価格
¥12,960から
(2019/5/26 14:04時点)

筋肉の絵が綺麗で、筋繊維の方向が掴みやすく、力の方向もイメージしやすいです。

分厚い本ですが、細かいところは飛ばして、筋肉解剖だけ参照する図鑑のような使い方すれば良いでしょう。

ただ筋肉について覚えるだけでなく、重力などの他の力の影響も含めながら、筋肉の働きを考えられることが理想です。

出張パーソナルセッション

大阪であれば、出張パーソナルセッションできます。詳しくは「詳細をみる」ボタンをクリックしてください。