その他のトレーニングについて

【動画】身体が柔らかくなった人のための開脚練習法~固い部分を見つけて伸ばす~

開脚練習法シリーズの第2弾です。

身体がもともと固かった人が、ストレッチを継続し、開脚して床と垂直に骨盤が立てられる人を対象にしています。

いろいろ練習の仕方はあると思いますが、今回は3つに厳選して動画にしています。

もし、まだ骨盤を立てられないという人、「骨盤を立てる」がどういうことかわからない人は、第1弾の身体が固い人向けの練習法を確認してください。

骨盤を立てることができると、開脚のために体重を利用できるようになるので、余計な力を入れずにストレッチすることができるようになります。

今回の練習法では、ストレッチだけでなく、動きの中で身体をほぐす方法も含まれています。

1つ目の練習法は側屈です。

動画では、下半身の柔軟性の話がほとんどになっていますが、実は、脇腹や腰周りでもウエストに近い部分の柔軟性も必要になってきます。

股関節から身体を倒すということは、背骨のS字カーブを保ちながら倒すということです。

身体バランスとして、骨盤が傾く方向に体重が向かうという性質があります。

この性質を側屈に応用しているのです。

最初はほとんど倒れないかもしれません。

どれだけ倒れるかよりも、坐骨付近から筋肉が伸びているかどうかを感じながらストレッチするのが重要です。

何も考えずに単に身体を倒すだけだと、膝付近ばかりストレッチされるので、膝は伸びるようになりますが、開脚が進歩しづらいのです。

坐骨がわからない人は、お尻の下に手を引くと骨がゴリゴリあたるので、そのようにして位置を確認してください。

伸びる感覚がなければ、伸びてないと考えていいです。

2つ目の練習法は、側屈の応用のようなものになります。

側屈は真横だけでしたが、この練習法では、いろんな方向に上体を倒していきます。

骨盤を傾けた方向に体重は乗ってくるので、上体を倒すときは、できるだけ骨盤から倒すように気をつけてください。

いろんな方向に倒してみると、倒れにくい方向や倒れやすい方向があるのに気づくと思います。

開脚前屈をしていくにあたって、その倒れにくい方向で伸ばされる筋肉が邪魔している可能性が高いのです。

その邪魔している筋肉を優先的に伸ばすことで、結果として全体の柔軟性向上につながります。

ストレッチでは、落第生をつくってはいけないのです。

固い部分が伸ばされると、固さの順位が変わるので、別のところが気になるようになってきます。

なので、次は、その気になる部分を伸ばしていくというように進めていきます。

キリなくなるので、目立つ部分がなくなれば良しとしましょう。

日々継続していけば、目立たなくなってきます。

3つ目の練習法は、足首を回すことです。

膝が伸びた状態だと、膝がねじれることはほぼないので、足首の動きが股関節と連動しやすくなります。

そこで、膝の向きが変わるほど大きく足首を回せば、股関節も動いてくれます。

ストレッチでは、大味に伸ばし、足首回しで細かいところの柔軟性をあげるという使い分けでしょうか。

足首回しは逆に考えると、膝の向きが変わらないように回せば、足首の柔軟性を集中的に向上させる動作になります。

可動域には、体重や自分や他人に押してもらうといった外部の力に頼って生じた、他動的可動域と、直接作用する筋肉によって動かすことができる自動的可動域があります。

自動的可動域を広げることで、はじめて自分ではじめて自分でコントロールできる可動域といえます。

「おわりに」でも話していますが、ストレッチで重要なのは

固い部分を探して伸ばす

ということです。

身体がなかなか柔らかくならない人に多いのが、同じところばかりストレッチしてしまうことです。

そして、体重を利用できておらず、力で無理やり伸ばそうとしていることが多いです。

どうすれば自分の固いところに対して体重をかけることができるのかを模索することが、ストレッチのコツであり、楽しみ方のひとつだと思います。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は「姿勢」とは何か説明できないことに気づいてから、
ずっと「姿勢とは何か?」「本当に良い姿勢とは何か?」
考えてきました。

それは単に言葉の意味が説明できないというだけでなく、
それまでに教えられてきた「良い姿勢」というものに疑問を
持っていたからでもあります。

一般的にいわれている「良い姿勢」の判断基準としては、
「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」

とか

「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、
お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、
肩は壁についているか、頭は壁についているか」

みたいな基準によって評価されていることが多いです。

そして、僕もそう教わってきました。

しかし、見た目や壁を使った評価では、
「ふくらはぎの太さ」や「お尻の大きさ」
「背骨のカーブの具合」といった
個人の体格の差も評価に影響しやすいです。

また、評価するために他人(専門家)の目が必要だったり、
鏡や壁が必要といった場所の制限も受けてしまいます。

他にも、体勢が変わると評価できないという問題もあります。

このように、一般的な姿勢評価では、正確性や簡便さに問題があり、
場所の制約も受けてしまうのですね。

姿勢は365日24時間いろんな体勢において関わってくるものです。
なので、本質的に「良い姿勢」を保つならば、

常に自分の姿勢の状態を把握し、
姿勢の崩れに気づいた時に自ら改善していける
ことが必要なのです。

良い姿勢は本来無駄な力は抜けるので「楽」なものだし、
だからこそ心も「楽」になり、

そのような落ち着いた姿が美しく映るのです。

現代社会では、例えば腰の痛みで仕事に集中できないというように、
いろいろなストレスに耐えながら仕事をしているため、
自分本来の力を発揮できている人はほんのわずかです。

姿勢が良い人が増えて、

本来の力を発揮できる人が増えれば、仕事の生産性が向上して、
世界全体の経済も向上するし、肉体や精神を病む人も少なくなり、
医療費も削減できるようになると僕は本気で思います。

良い姿勢は誰でも目指せます。

たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人でも、
寝たきりの人でもです。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも
「筋肉をつけること」でもありません。

最も大事なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、
姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

コメントを残す