姿勢のバランスに大きく影響する4つのエリアとは、動画のタイトル通り、身体を丸めたり、反らせたりする部分になります。

 

①頸椎(首)、②胸椎(胸部・上背部)、③腰椎(腹部・腰部)、④股関節です。

 

下記のページではより詳しく解説しています。

 

これらのエリアのバランスは個人により様々ですが、この記事では、よくあるバランスの傾向についてお伝えします。

 

①頸椎(首)は反らす側、首の後ろが強くなりやすく、首の前側が弱りやすい傾向があります。デスクワークやスマホの操作など、下を見ることが多い現代人は、垂れ下がった頭を吊り下げて支えるために、首の後ろ側が使われやすいのです。

 

②胸椎(胸部・上背部)は、前部の丸める側が強くなりやすく、逆に背中側が弱くなりやすい傾向があります。これは、頭が垂れ下がることにより、一緒に肩も前方に出てきてしまうのです。動画を見るとわかるように、胸の筋肉は肩を前方に出す働きがあります。

 

③腰椎(腹部・腰部)は、腹部が弱くなりやすく、腰部が強くなりやすい傾向があります。腰は身体の構造上無意識に使われやすい部分です。

 

④股関節は、前部の太腿の前などが強くなりやすく、後方の臀部が弱くなりやすい傾向があります。これは、椅子に座っている時間が長い人が多いからかもしれません。また、歩くときに足を前方に出そうとしすぎて、腰を使ってしまい、臀部が使われにくい歩き方の人も多い気がします。

 

それぞれのバランスを見直し、修正することで、適切な姿勢を取りやすくなるでしょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket