【動画あり】胸をしっかり鍛えるための腕立て伏せの練習法


トレーニングは、鍛える部位が大まかに決まっています。アームカールなら上腕二頭筋、レッグエクステンションなら大腿四頭筋、レッグカールならハムストリングスというように。

そして、腕立て伏せの場合は、「胸」です。

トレーニングの際には、それら鍛える部位を意識することがトレーニング原則にもある通り、効果的なトレーニングをするために重要であるとされてます。

もちろん、多くのトレーニングにおいてそれは重要なことなのです。

しかし、逆に意識しないほうがうまくトレーニングできる場合があります。腕立て伏せがまさにその例です。ベンチプレスもそうですね。

参考<ベンチプレスベンチプレスは胸を意識しなくていい~使う筋肉を意識する弊害~>

フリーウェイトでは意識しないほうがうまくいく場合が多いです。これは、床以外の補助が基本的にないため、トレーニング動作以外に「負荷をいかに自分の身体に負担がないように受け止めるか」ということを考えなければならないからです。

マシントレーニングの場合は、できるだけトレーニング動作以外のところは負担が少なくなるように背もたれなど、身体を固定するようなつくりになっています。

大胸筋の作用による腕の軌道は、胸の骨を中心に身体の外側から胸の前に円を描くような動きになるので、胸を意識してトレーニングしたい場合は、そのような軌道をとりやすいケーブルを用いた方法がおすすめです。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。