動画のチェック法の2つ目はスクワットです。

スクワットで難しいのが、まず骨盤を前方に倒すことです。トレーニングをしている人でも、きちんと倒れている人は多くありません。

骨盤が前方に倒せない原因としては、倒し方がわからない、脚の後面(ハムストリングスやふくらはぎ)が固い、股関節周辺の筋肉が固いといったことが挙げられます。

次に難しい問題とされてくるのが、どれくらい骨盤を前傾させればいいのかです。

骨盤前傾具合は、しゃがむ深さによっても変わってきます。基本的には、しゃがめばしゃがむほど骨盤を前傾に倒す必要があります。

さて、ここで、なぜスクワットの骨盤の前傾について書いたかというと、実は、動画の最後に出てくる骨で立つという感覚がわかると、自然と骨盤が前傾してきます。

なぜなら、地面に足裏が吸い付くという骨で立つ感覚が通常状態になると、骨盤を前傾させずにしゃがもうとした場合、しゃがむのが深いほど、骨を積み上げる感覚が感じられなくなり、それが違和感になるからです。

逆から考えると、骨で立つ感覚が消えないようにしゃがむと、勝手に骨盤は前傾します。

足裏の感覚に注意を向けるだけでも、身体の使い方は変わってきます。実際に、僕が、この感覚を教えた人が、足裏の感覚に気を付けて生活した結果、腰痛が改善されたという例もあります。

簡単な姿勢チェックではありますが、身体の使い方の中でも重要な感覚を知ることができます。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket