先日、あるお客様とのセッション後、時間があったので、お互いの仕事について話していました。

お客様のお仕事でのお悩みをお聞きするとともに、私の仕事での悩みを聞いていただきました。

そのとき、私が、自分のセッションについてアピールするのが不得意であることを話したところ、なんと私のセッションについて推薦文を書いていただきました。

今回はその推薦文をそのままお伝えしたいと思います。

健康維持と運動不足解消のためにトレーニングを始めて1年弱経った頃、後藤さんに出会いました。それまでにも何人かのパーソナルトレーナーさんのセッションを受けたことがありましたが、同じ種目をやっていても他とは全く違う指導方法で、今まで「ツライ」「苦しい」と思っていたトレーニングが劇的に楽しくなりました。

上手く体を使う方法や苦手な種目のフォームなど、本当にひとつひとつ丁寧に、こちらが確実に理解するまで根気よく伝えてくださるので、セッションの度に毎回できることが増えていきます。実際、最初の何回かですぐにスクワットとデッドリフトの最大重量が一気に上がりました。以前はちゃんとやっているつもりでも実はあまり上手く体が使えていなかったんだと実感しています。自己流でトレーニングしている方は1回でもパーソナルトレーニングを受けてみると、きっと衝撃を受けると思います。

運動神経が極端に鈍い自分でも「体は変えられる」「できる」という自信を持つことができるようになりました。これから先、後藤さんのご指導で自分がどう進化していけるのか楽しみです。

これだけの文章を、私のために時間を割いて考えてくださったことをうれしく思います。ありがとうございました。

私自身が説明するよりも、よっぽど説得力のあるものになっています。

このお客様は、私がいつも声を大にしている「理解することの大切さ」をちゃんと感じ取ってくださって、わからない、理解できていないことについては、きちんと「わからない」と返してくれて、理解するまで聞く姿勢を崩さない、とても誠実で、意欲の高い方です。

私は、伝わらないことは伝える側の責任だと考えます。

お客様が「わからない」とおっしゃっているなら、その「わからない」は私の責任です。

お客様が私の話に耳を傾けてくれる限り、理解してもらうまで何度でもあらゆる方向から説明します。

今後とも、このお客様のように、きちんと理解していただき、効果を実感してもらうセッションを心がけていきたいと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket