トレーニング総論

お腹のタイプ別の腹筋の割り方とお腹を凹ませるために鍛えるための方法

お腹を凹ませ、腹部を板チョコのようにくっきり割りたいという人は多いと思います。

また、お腹が出てしまっているのがみっともなく感じている人もいるでしょう。

そして、そんな人の多くは腹筋運動を頑張ります。

 

腹筋運動だけで、効果が出てくれば問題ないのですが、なかなか効果が出てこない人もいるでしょう。

 

そこで、今回はタイトル通りになるための効率的な方法を考えてみます。

 

まず、お腹のタイプには程度には差があると思いますが、ざっくり4つのタイプがあると僕は考えています。

 

①お腹が凹んでおり、板チョコが見える人、②お腹は出てはないが板チョコがうっすら見える人、③お腹が出ているが板チョコがうっすら見える人、④お腹が出ており、板チョコが見えない人の4タイプです。

 

まず、①タイプの人は問題ないと思います。

 

次に、②タイプの人ですが、前提として、板チョコの元になっている腹筋について知っておく必要があります。

いわゆる腹筋は、正式には「腹直筋」といいます。筋肉自体は、腹前部をみぞおちの上にある骨から恥骨までを覆うように付着しています。

腹直筋は「白線」という真ん中で縦に入る線状の組織によって左右に分かれています。さらに、「腱画(けんかく)」という固い腱が数か所、腹直筋を横に区切られています。

腹直筋は、白線と腱画により板チョコを形成しているのです。

つまり、腹直筋にはもともと板チョコが形成されています。

 

では、②タイプの人が板チョコがどうしてうっすらなのかというと、上記のもともとある区切りと、腹直筋のふくらみの差が小さいから、あるいは腹直筋の上にある皮下脂肪の影響で板チョコが覆い隠されているからです。

 

なので、②タイプの人は腹筋運動をして、腹直筋が筋肥大させるか、お腹まわりの脂肪が落ちてくることで、板チョコがはっきりしてくるでしょう。

 

次に③タイプの人ですが、このタイプの人は、普段から運動やトレーニングをしており、腹直筋は発達しています。

さらに、板チョコを覆ってしまう脂肪である皮下脂肪も多くはないでしょう。

しかし、普段の食生活で食べ過ぎ、飲みすぎがあったりして、内臓脂肪が蓄積され、

あるいは姿勢の悪さから腹部が内から押され、腹が出てしまうのです。

 

実は、腹筋の働きの1つに、内臓を腹部に収める機能があります。

胸部は肋骨がカバーしているので、胸部が肋骨以上に広がることはありませんが、腹部は、筋肉以外にカバーするものがないのです。

そして、食生活により、筋肉の内側の内臓周りにつく内臓が脂肪が増加することにより、腹直筋が耐えられなくなり、腹が出てきてしまいます。

また、反り腰の姿勢になっていると腹部を前方に押し出してきて、お腹が出ているように見える場合もあります。

 

なので、③タイプの人は食生活において、食べ過ぎたり飲みすぎたりしていないか見直すか、姿勢改善をしていくのが、腹を凹ますために効率的な方法になります。

 

最後に④タイプの人ですが、②と③の悪いところどちらも持つのがこのタイプです。④タイプの人は上記の腹筋運動と、食生活の見直し、そして姿勢改善とそれぞれをしていく必要があります。

このタイプの人は腰が丸くなってしまっていて、日常的に腹筋が機能しにくくなっている人が多いです。

なので、まずは姿勢改善に務めることが近道になるでしょう。

 

姿勢が良くなると、実はお腹を凹ませる腹横筋が勝手にはたらいてくるようになります。

 

この記事でいう腹筋運動についてですが、腹筋の主な機能は姿勢の維持にあります。

個人的には腹筋運動をわざわざする必要はないと考えますが、もしするなら等尺性収縮に近い状態の運動をメインにするのがいいと思います。

有名なので言えば、プランクやスクワットですね。

 

また、脂肪を落としやすい体にするために、腹部だけでなく、全身の筋肉を鍛えるようにすると、より効率的に腹を凹ませ、板チョコを出すことができるでしょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す