身体について

なぜ骨が必要なのか?

僕が好きな、なぜ必要なのかシリーズです(笑)

あなたはなぜ自分に骨があるか考えたことありますか?

考えたことないなら、ぜひ骨がなくなったときのことを考えてみてください。

考えましたか?

では以下書いていきます。

そもそも、骨とは、脊椎動物において骨格を構成する、リン酸カルシウムを多分に含んだ硬い組織のことをいいます。

骨が必要な理由はいろいろありますが、大きく3つあります。

1つ目は重力に逆らって体を支えるためです。
骨がもしあなたからなくなったなら、あなたは立つことすらままならなくなるでしょう。

骨は、地球の重力から体を支えるために必要なのです。

人間がもし、無重力空間で生きる生き物になったとしたら、骨は退化してなくなっていくでしょう。
なぜなら、必要性がなくなるから。

考えてみてください。骨のない(少ない)生物はほとんど海に生息しています。
タコ、イカ、etc。。。

それは、水中が無重力に近いからです。
タコ、イカのほとんどは筋肉ですが、陸上にあげても立つことはできません。

骨が必要な2つ目の理由は、素早く動くためです。

無重力に近い水中でも、魚には骨があります。
魚は、骨があるおかげで早く泳ぐことができます。

早く泳ぐためには、水をかいて推進力を得る必要があります。
魚はヒレやその体自体によって、水をかいて推進力を得ます。

魚のヒレに似た構造を持つものとして、扇子があります。
扇子は、骨の部分があるからこそ、あおいで風が吹くのです。
骨のない扇子であおいでも、ペラペラして風がおこりません。

次に、骨のない陸上生物を考えてみてください。

ナメクジなんかが挙げられます。ナメクジは骨がないため立ち上がることができません。
ご存知の通り地面を這って移動してます。

人間や、その他多くの骨のある陸上生物は、立ち上がることができます。
その骨が動くことにより、走ることができます。

走れることで、地面を這うのと違って、地面との接触を最小限にでき、できるだけ地面との摩擦を少なくできるので、早く移動することができます。
また、骨があるおかげで、地面を蹴ったとき、移動するエネルギーを体に伝えることができます。

素早く移動するために、骨は必要なのです。

骨が必要な理由の3つ目は、大事な部分を保護するためです。

もし頭蓋骨がなかったら、頭部に少しの衝撃が加わっただけで脳が大ダメージを受けてしまいます。
そして、もしそんな状態なら、うかつに身動きなんてとれなくなってしまいます。誤ってどこかに頭をぶつけると死んでしまいますし。

骨があるおかげで大きな心配をせずに身動きをとることができます。

なぜ骨が必要か伝わりましたか?

ちなみに、立つことが少ないと骨密度が下がり、骨粗しょう症になりやすくなります。
骨粗しょう症になると、骨折しやすくなります。
骨折すると、ますます立てなくなるという悪循環になります。

逆に、骨はスクワットなど、縦方向の刺激を受けると骨密度があがり強くなっていきます。

骨は大事にしましょうね。

なぜ必要か考えることで、その大事さを考えることができますよ。

また、骨をうまく使うことで、身体の使い方も楽になります。
参考記事→<【動画あり】鏡を見ないでできる簡単姿勢チェック~骨をうまく使って立てるか~

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す