ま〜さんの日常

ま~さんが動画を撮影し、編集する完成するまでに行ったことと遭遇した問題点

以前、ブログにも書いたのですが、僕のホームページではどうしても文章中心の記事になってしまい、伝わりづらい部分があるな~と前々から感じていました。そこで、動画として配信しようと決めました。

知らないことだらけなので、四苦八苦しながら、なんとかアップロードするまでに至りました。ここに至るまでには、かなりの時間と労力がかかりました。

最近はYoutuberも増えてきているそうなので、これから動画を撮影してアップしてみようと考えている人も少なからずいると思います。

そこで、今回の記事では、これから動画を作ろうとする人が少しでも負担が少なく、より楽に動画が作れるように、僕が動画撮影し、編集するまでに行った経験をまとめて書いていきます。ところどころ忘れている部分もありますが、お役に立てれば幸いです。

まず、必要になるなと思ったのは、もちろん撮影機材です。僕は思い立ったらすぐに形から入るタイプなので、すぐに買いそろえることにしました。最初はビデオカメラと三脚があればいいかなと思いました。ただ、何回も取りなおしたり、一度に大量の動画を撮ることを考えてメモリーカード、ビデオカメラを持ち歩くことを考えて、ケースを買うことにしました。

僕が揃えたのが、以下のアイテムです。

Panasonic HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ブラック HC-V360MS-K

新品価格
¥29,820から
(2017/10/12 00:27時点)

【Amazon.co.jp限定】 HAKUBA 4段三脚 W-312 ブラック エディション 小型 3WAY雲台 アルミ W-312BK

新品価格
¥1,680から
(2017/10/12 00:29時点)

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

新品価格
¥2,700から
(2017/10/12 00:29時点)

Panasonic ビデオカメラケース ネイビー VW-SC1-A

新品価格
¥1,767から
(2017/10/12 00:34時点)


の4点です。

とにかく、安く上がるように選びました。

ビデオカメラに関しては、とりあえず撮れたらいいやくらいの気持ちで選びました。「youtube ビデオカメラ」で検索して出てきたページをいくつか見て、その中から安いやつを選んだような記憶があります。

三脚も高い物だと1万超えてきたりしますが、僕はそこまで違いのわかる男ではないので(笑)、安いやつを選びました。

ケースとメモリーカードは、Amazonでビデオカメラを買い物かごに入れた際に、「よく一緒に購入されている商品」「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で出てきたものを買いました。

ケースは、ビデオカメラはきっちり入りますが、配線などを入れるには小さいので、配線を一緒に持ち歩こうと考えるならば、もっと大きなものを買ったほうがいいでしょう。もちろん、持ち運ぶ必要のない人はいらないです。

撮影機材は買うだけだったので、早かったのですが、困ったのが撮影場所です。最初は自宅で撮ろうかなとも考えていたのですが、スペース的に小さいし、ウェイトなどのツールもほとんどないので、撮影できる範囲が限定されてしまいます。仕方ないかーと諦めていたのですが、僕の場合は仕事柄もあり、運よく撮影場所を提供してもらえることになりました。

撮影機材、場所はそろったので、次なる問題は編集をどうするかです。まったく知らない世界なので、これが大変でした。編集ソフトはいろいろありますが、お金はできるだけかけたくなかったので、無料のソフトをいくつか試しました。

なにを試したかは記憶のかなたにとんでいってしまったのですが、最終的にたどり着いたのが、Aviutlです。ただ、これは本体だけをダウンロードすれば終わりではなく、実は様々なプラグインをインストールし、設定しなければならないのです。

僕はいまだにそれぞれの意味や役割はぼんやりしかわかっていません。当時も、Aviutlはダウンロードしたものの、何が何やらさっぱりです。

そこで、いろいろググった結果、「Aviutlの易しい使い方」というサイト様を参照しながら、プラグインのインストールや設定、操作方法やエフェクトなるものの使い方やインストールの仕方まで学びました。

このサイト様は本当にわかりやすいので、ぜひぜひ参照してください。これを見ながらでも、編集できるまでに設定するのはかなり時間かかります。

そして、これは、動画編集しているときに知ったのですが、実は、Aviutlとその周辺プラグインを一括でダウンロードできることを知ったのです。それが以下のリンクから。

AviUtl_setup(var 1.14)ダウンロード

これをダウンロードすれば、すぐに使えるようになるという優れものです。ありがとうございます。僕もAviutlの設定を完了するまでに知りたかった―!!!

そして、編集するにあたって、僕のイメージする動画を作るうえで必要になってくるのが、BGMが効果音などの音素材でした。動画を撮って、編集も切り貼りや文字入れだけでも十分だと思うのですが、ここで変な凝り性が出てしまい、音素材を探すことにしました。

そのとき使ったサイトが「DOVA-SYNDROME」です。無料だし、利用規約さえ守れば、商用利用もOKなのが魅力です。ただし、クリエイターによっては、個別に条件があったりするので、使う際は十分に注意してください。

いろいろな音素材のサイトを探しましたが、ほとんどがこのサイト様で事足りました。

そして、動画素材を撮影し、素材がそろったところで、まずはオープニングとエンディングを作成しました。撮影って一人でやってても緊張しますね。見てもらえればわかると思いますが、めっちゃ顔ひきつってます(笑)

編集はAviutlがたびたびフリーズするので、なかなか作業が進みませんでした。

作業が遅くなる原因を調べたところ、どうやらパソコンの性能に問題があったようでした。「おすすめ動画編集向けパソコンの選び方【パーツ・スペック】」を参考に、中古でパソコンを買いました。

このとき、注意したいのが、データを移行したときの.aupファイルの読み込みです(Aviutlソフトは、ポータブルハードディスクに入れていたので問題ありませんでした)。

Aviutlで作成されるファイル「.aup」は、素材のフォルダ位置・名前が変わってしまうと、.aupファイルを開いたときに、素材が読み込めなくなってしまいます。

.aupファイルは、動画の設計図のようなファイルであり、素材のデータが含まれるわけではありません。そして、素材はファイル名とファイルの所在地のパスで記録しているため、上記のようなことが起こります。

これをきちんと再生しようとしたら、記録されているパス通りにファイルを配置するか、動画を読み込みなおして編集しなおすしかありません。

僕は、さすがに読み込みなおして編集する気力がわかなかったので、なんとか読み込んでくれる方法を探しました。

その結果、.aupファイルは、パスのところにファイルがなかった場合、.aupファイルの入っているフォルダ内にあるファイルも該当ファイルがないか探してくれる仕様になっているようでした。

なので、.aupファイルのあるフォルダに、自分が持っている素材をコピーしてすべてをぶち込みました(探してコピーするのが面倒くさかったんです。。。)。

すると、ちゃんと.aupファイルを開けば、素材を読み込んでくれました。

そうして、かなり苦労して動画をつくりあげました。

その苦労の結晶をぜひ見てやってください→<【動画あり】胸をしっかり鍛えるための腕立て伏せの練習法

そして、あなたももし発信したいことがあれば、本記事を参考に動画にチャレンジしてみてください!

 

20200202追記

2019年中にビデオカメラ買い替えました。

電池の容量が短いので、何度も撮り直すことになる

前のビデオカメラでは僕にとっては撮影可能時間が短すぎに感じてきてしまったので。

それに、画質が良いカメラもたくさんあるようですしね。

まあ、どうせ僕の姿しか撮影しないので、

画質が上がったからどうだっていう話ですが、

細かいところが見れることによって、

見ている側にとっても、何か発見できるかもしれませんからね。

 

今は4K動画を撮影できるものが主流になっているようで、

さらに8Kという規格まであるそうです。

 

もう「どこまで画質良くなれば気が済むんだ」と思うのですが、

映像サイズは視野の水平100°以上になると、映像から感じる臨場感が飽和されるそうです。

なので、8Kが現時点で最終形と言われています。

 

今回は、カメラの買い替えに合わせ、

三脚もちょっといいのにしたし、

予備の電池もなどなども買って

さらに使い勝手を良くしました。

パナソニック 4K ビデオカメラ VX990M 64GB あとから補正 ホワイト HC-VX990M-W

新品価格
¥61,480から
(2020/2/2 18:07時点)

パナソニック アクセサリーキット ビデオカメラ用 VW-ACT380-K

新品価格
¥14,874から
(2020/2/2 18:08時点)

パナソニック ビデオカメラ用標準三脚 VW-CT45

新品価格
¥7,482から
(2020/2/2 18:09時点)

電池が2個あるだけでも、

撮影中にもう一方を充電しておけば

電池切れで困ることはないので安心です。

 

新しいビデオカメラで、YouTubeの方もまたアップを再開していこうと思います。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す