一言でいうと、食品のアミノ酸の質をみるための指標です。

すべてのタンパク質は、20種類のアミノ酸からできています。このうち、ヒトは8種類(ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン、トレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン)を体内で作ることができません。この8種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。

アミノ酸スコアは、食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値です。特定の食品に対し、窒素1gあたりに占める必須アミノ酸が基準値(理想的な必須アミノ酸組成)と比較してどれだけ含有されているかを評価するものです。

アミノ酸はとりあえず多くとればいいというものではありません。タンパク質の合成にはエネルギーが必要です。また、タンパク質合成に必要なエネルギー量が十分あったとしても、タンパク質の合成量はある一定以上は増えません。タンパク質の合成がホルモンや遺伝因子など、栄養以外の要因によって決められているからです。

摂取した余分なタンパク質は、分解されてエネルギーとして使われ、不要な窒素化合物は尿に排泄されます。

アミノ酸は、量だけでなく、その「質」が重要です。アミノ酸の質は必須アミノ酸をどれだけ多く、しかもバランスよく含まれているかによってその価値が決まります。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket