ウェイトベルト

ウェイトベルトは、トレーニング時の傷害予防のため、また、腹圧が高まって体幹が安定することによって挙上重量が上がるというメリットのために装着します。

腹圧が低いと、脊柱を支える力が弱くなってしまうため、下手をすると腰を痛める原因になります。

ダンノ(DANNO) ウェイトリフティングベルトDX LL D639

新品価格
¥15,390から
(2014/11/29 01:31時点)


↑こんなやつです。

とくに、スクワットやデッドリフトなど、下背部に負担のかかりやすいトレーニングで使います。

ただ、競技で使用する場合を除き、個人的に僕はウェイトベルトの使用はあまりおすすめしません。

それは、ウェイトベルトをつけることにより、腹横筋などの腹圧を自分で高める機能が向上せず、傷害のリスクが挙上重量が増えるごとにますます増加してしまうからです。

なので、ベルトの装着は最大挙上重量に挑戦する場合など、極力最小限度にとどめ、挙上重量増加とともに、体幹の安定力を成長させていけるようにしたほうがいいと思います。

ウェイトベルトについては、ウェイトベルトをつけることのメリットデメリットにも書いています。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。