動作の中で最もストレス(負荷)がかかるポイントのことをいいます。

バーベルなどを使っている場合は、重量自体が変わるわけではないので、身体のてこの関係上、力を発揮しにくかったりする場所になります。また、骨の支えが得られないポジションの場合もあります。

筋肉が力を発揮しづらい、骨などの助けが得られない箇所になるので、できるだけうまく避けるようなトレーニングをしたほうがいいと個人的には思います。とくに重量が重いときは。ケガにつながってしまいますからね。

ただ、筋肉に負荷をかけるために、あえてこのポイントを使うような方法もあるようです。トレーニングをゆっくり同じスピードで行うのも、似たようなものです。

トレーニングの一般的な情報では、可動域を広くしようとする傾向がありますが、重量との関係性を考えながら行ってください。基本的に重量が重いほど、可動域は狭くなります。

さらに、セットの最後のほうまで全可動域を使おうとする人が多いと思いますが、おすすめしません。重量が重ければ重いほど可動域が狭くなるように、発揮できる力が小さければ小さいほど動かせる可動域が小さくなります。

たとえ、セットの最初のほうは広い可動域で行えても、回数を重ね後半になってくれば可動域が狭まるのが通常です。

僕の場合は、回数を重ねて全可動域で動かせなくたったら終わりではなく、動かせなくなったら終わるようにしてます。

例えば、ベンチプレスで最初はバーベルを胸まで下げられても、だんだんと胸まで下げるのがつらくなり、胸まで下げられなくなり、最後はほとんど肘が曲げられなくなります。そうして、ようやくセットを終えるのです。
参考記事→<トレーニング動作の範囲



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket