ストレッチもやりすぎ注意!

トレーニングの連続で筋肉痛で苦しむ(喜ぶ?)人は多いと思いますが、実は、ストレッチでも筋肉痛のようなものが発生します。

なぜなら、トレーニングもストレッチも、筋肉をピーンと張らせるいう点においては同じだからです。

トレーニングの場合は筋肉の収縮によるからいいのですが、ストレッチは筋肉の収縮ではなく、筋肉と骨の接着している起始・停止が「外力」によって離されることによって張ります。

外力だからこそ、トレーニング以上に注意が必要なのです。

ゆっくりと無理しない範囲で伸ばしましょう!

よく痛気持ちいいくらいの感覚が感じられるくらいで伸ばしましょうと言われますね。

伸張性収縮も外力による負荷があることが前提の状態なので同じく注意しましょう!

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。