ストレッチは、結構軽視されがちな運動です。

 

トレーニングをガシガシされる人にとっては、面倒くさいのでしょう。ジムにきてストレッチもなくいきなりトレーニングをはじめる方もよく見かけます。

 

そんな人にも、怪我の防止と身体を動かしやすい状態にしてからトレーニングしてほしいものですが、今回は、ストレッチ自体の運動効果について書いていきたいと思います。

 

筋肉が力を発揮(トレーニング)するためには、通常、筋肉が縮むことによって、筋肉の端と端が近づくことで骨を動かすことが必要です。言い換えれば、筋肉を縮ませることで、筋肉が短くなり、筋肉をピンと張らせた状態にします。

一方、ストレッチは、筋肉の端と端を遠ざけることにより、筋肉を伸ばします。このとき、筋肉は伸ばされてピンと張った状態になります。

 

つまり、筋肉を張らせるということにおいては、トレーニングもストレッチも同じなのです。

 

筋肉を張らせることで、筋肉に負荷がかかり、筋肉が成長する刺激になるのです。

 

もちろん、トレーニングに比べ、ストレッチによる負荷は限界があるので、筋肉が目に見えて太くなるということはありませんが、普段運動をされない方にとっては、十分な運動になります。

 

また、やってみてもらうとわかるのですが、血流がよくなり、体があったかくなってきます。

 

さらに、ストレッチの種類によっては、自分の筋力でストレッチを行う種目もあるので、ストレッチをしながらトレーニングになっている場合もあります。

 

実際、ストレッチをメインに行なっているお客様で、ウエストが締まり、他人からそのことを指摘されたという嬉しい報告もありました。

 

あまり運動してないなという方は、まずストレッチからはじめてみましょう。

LINEで送る
Pocket