現代は、良い物であれば必ず売れる、頑張れば売れるという時代ではなくなりました。

他社との違いを見つけ、それを買い手に伝え、そして、伝わらなければ売れません。

そのための手法がストーリーなのです。もっというならば、他社と違うことをするための道のりとでもいいましょうか。

そんなことが詳しくこの本には書いてます。

ただ、この本は正直疲れました。文量が長いのもありますが、カタカナ語をはじめ、難しい言葉が多く、理解するのが難しい、もっというと理解し続けるのがしんどいというのが正直な感想です。

内容は素晴らしいと思うのですが、私のように難しい本を読むのが苦手な人にはお勧めできません。

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

新品価格
¥3,024から
(2014/11/29 03:41時点)



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket