トレーニングが適切かどうかは、感覚で判断し、そのために適切な感覚を前もって想定しておく

僕は、トレーニングをする際に感じる感覚には理由を持っています。

トレーニングのする際に使う部分ってひとつだけではないはずです。

特に、フリーウェイトのトレーニングは、まず身体をフォームの形で保持した上で動作するのが基本です。

ということは、フォームを保持するための感覚も感じるということです。

僕はそれだけ感覚を重視するため、トレーニングの動作中に、ほぼ鏡を見ません。鏡を見る事でフォームが崩れてしまうということもありますが。

なぜ感覚を重視するかというと、本当に必要なところに力が入っているかどうかは、見た目だけでは判断できないからです。

たとえば、片手を挙げる動作ひとつとって、片手づつ左右それぞれ挙げてみて、同じ感覚で挙げられるでしょうか?

自分としては同じように挙げているつもりで、鏡で見ても左右差がないのに、感覚が違うってことはよくあります。

どのような感覚が適切か、想定しておくことが重要です。

自分の想定通りに感覚が入っていることで、自分が適切にトレーニングができていると判断することができます。前もって想定しているからこそ判断ができます。

もし、想定通りの感覚が得られない場合、何かが違っているのです。そして、違うとわかるからこそ、修正ができます。

もしかしたら、筋バランスの崩れから、適切な感覚が得られないのかもしれません。であれば、ストレッチなどの調整が必要かもしれません。

また、自分の想定している状態とは違ったフォームになっているのかもしれません。であれば、フォームを微調整することで、適切な感覚が得られるでしょう。

さらに別の場合として、想定自体に誤りがあるかもしれません。であるならば、想定自体を修正する必要があります。

そのように感覚を重視して、違和感を1つ1つ潰していくことで、トレーニングを改善するポイントにも気づきやすくなります。

あなたもぜひ、そのような視点でトレーニングを見直してみてください。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。