コアエクササイズ…2つ以上の主要な関節の動作を含んでおり、1つ以上の大筋群または部位が動員されるエクササイズをいいます。たとえば、ベンチプレス、スクワットが挙げれらます。

補助エクササイズ1つの主要な関節の動作で、より小さな筋群あるいは1つの大筋群や部位だけを動員するエクササイズのことをいいます。たとえば、レッグエクステンションが挙げられます。

構造的エクササイズ…体幹(脊柱)を圧迫し、下背部に負担がかかるエクササイズをいいます。たとえば、スクワットが挙げられます。

多関節エクササイズ動作中に複数の関節が関係するエクササイズのことをいいます。たとえば、ベンチプレスがこれにあたります。

単関節エクササイズ動作中に1つの関節しか関係しないエクササイズをいいます。たとえば、レッグエクステンションがこれにあたります。

オープンキネティックチェーンエクササイズ…肢体の遠位端が固定されておらず、関節の動きが自由な状態で行う運動のことをいいます。クローズドキネティックチェーンエクササイズと対になっていますが、その境界はあいまいで定義が一定されていない印象です。足の裏に負荷がかかっていない状態で行うエクササイズはだいたいこれにあたると考えたらいいと思います。

クローズドキネティックチェーンエクササイズ…肢体の遠位端が固定され、関節の動きが制限されている状態で行う運動のことをいいます。オープンキネティックチェーンエクササイズと対になっていますが、その境界はあいまいで定義が一定されていない印象です。足の裏に負荷がかかっていない状態で行うエクササイズはだいたいこれにあたると考えたらいいと思います。

※キネティックチェーンについては管理人も考えることがあります。詳しくはこちらのページ



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket