パンプアップ

筋肉が運動することによる乳酸などの代謝物が蓄積に対して、浸透圧を一定に保つため、水分が筋肉内に入り込んでたまり、一時的に太くなる状態のことをいいます。

トレーニングした後に筋肉がパンパンに張る、あの状態のことですね。トレーニーの中にはこのパンプアップをトレーニングが効果的にできたかどうかの基準にしている人が多いようです。

よくどれくらいパンプアップしたかを自慢されることがあります(笑)

浸透圧を一定に保つというのは、そこに溶け込んでいるものの濃度を一定に保つことをいいます。

パンプアップにおいては、筋肉内に乳酸などの代謝物が蓄積されると、それらの濃度が上がるので、この濃度を薄めるために水を集めようとする作用が起こります。

そのため、筋肉内に水分が集まり、筋肉が太くなったように見えるのですね。

パンプアップから20~30分もすれば、元の状態に戻ります。

出張パーソナルセッション

大阪であれば、出張パーソナルセッションできます。詳しくは「詳細をみる」ボタンをクリックしてください。