free web hit counter
「気づいて・感じて・快適に」パーソナルトレーナー後藤真史による賢く快適に動く身体を手に入れるトレーニングClever Body Training(クレバーボディトレーニング)<身体バランス改善・姿勢改善・身体動作改善・メンタルケアカウンセリング>

ブログ

スクワットでは床を踏まない〜膝のジャッキ作用

スクワットでは、バーベルを担ぐことで重心が高くなるので、どうしてもデッドリフト以上に床を踏もうとしてしまいます。 しかし、デッドリフトでもベンチプレスでもそうでしたが、床を踏もうとしたり、バーベルを押そうとしたりしてもう …

スクワットにおける腰部を痛める危険性を軽減するための意外な注意点〜負担が少ないからといって安全とは限らない〜

スクワットは、別の記事でお伝えしたように、バーベルを担いだ場合、重心が高くなってバランスが不安定になりやすいことに加え、重い負荷を身体に乗せていることになるため、特に腰を痛める危険性が高いトレーニングです。 そのため、腰 …

スクワットの勝負所はバーベルの重さを骨の積み木に積めたままにできるかどうか

スクワットのポイントとして、バーベルの重さがきちんと身体に積まれているかが、バーベルの位置を左右すること、それは、足裏の感覚で判断できることをすでにお伝えしました。 そのため、スクワットの動作中は、足裏に荷重が重く乗って …

【腰部傷害防止】スクワットで腰を痛めないために注意すべきこと

スクワットはBIG3の中で、特に腰を痛めやすいトレーニングです。 その理由は、バーベルを担ぐために重心が高いこと、バーベルを身体に乗せるトレーニングなので、どこかにバーベルを置くまで負荷が身体にかかりつづけることが挙げら …

スクワットにおけるバーベルを乗せるのに適切な位置

スクワットのバーベルを乗せる位置について考えていますか? 単純に乗せやすいところに乗せればいいわけではありません。 乗せやすいところで乗せようとしてしまうと、肩周りの柔軟性次第で乗せる位置が変わってしまうからです。 物理 …

肩甲骨が動くと肩の痛みが減った!

セッションを行う中で、肩の痛みで悩んでいる方をよく見させていただきます。 長期間痛みが続いている方の場合、不安が高まるためか、 「病院いったほうがいいかなあ?」 とよく相談されます。 そのようなとき、僕は、 「どうしても …

BIG3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)の共通点と相違点

BIG3は、パワーリフティングの種目にもなっていますし、人気のある種目です。 僕のトレーニングはBIG3と呼ばれるベンチプレス・スクワット・デッドリフトを中心として行っています。 ベンチプレス スクワット デッドリフト …

デッドリフトにおける背中の筋肉の重要性と背中の筋肉の力が抜けないようにするコツ

デッドリフトで背中の筋肉が重要であることは、デッドリフトを継続的に行なっている人ならなんとなく気づいているでしょう。 今回は、なぜデッドリフトにおいて、背中の筋肉の重要性と、背中の筋肉の力が抜けないようにするためのコツに …

【デッド腰痛防止】デッドリフトでは腰や背中の筋肉はバーベルを支えるだけに留める

あなたはデッドリフトを腰のトレーニングと思っていませんか? トレーニング関連の書籍の中でも、デッドリフトが背中や腰部のトレーニングとして分類されている例をいくつも見た記憶があります。 腰のトレーニングの認識でデッドリフト …

「自分の考え方」という軸をぶらさないようにするための3つのポイント

現代社会はインターネットやテレビといった情報発信・受信インフラの発達により、多くの情報が飛び交っています。 その情報には、玉石混合、さまざまなものが入り乱れているのが実態です。 そんな情報の嵐の中で、自分の考え方を保つと …

1 2 3 55 »

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画にてあなたのお悩みを解決に導くオンラインワンポイントパーソナルを承っています。時間・場所に縛られません。詳細は画像をクリック!

姿勢に関する本を出版しています!詳細は画像をクリック!

YouTubeで動画公開しています!

LINE@やってます!

LINE@限定の情報や特典をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマホでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!スマホのままはそのままクリック!
友だち追加

クリックで各SNSへリンク!

PAGETOP