解剖学を学ぶ上で最強のテキストはないだろうか?

そんな中、僕が探し当てたのが本書です!

僕が筋肉や体について勉強中に一番開く本です。

今では、自分の中で基本となるテキストとして使っています。

なにより、解剖図は絵で描かれているにも関わらず、緻密できれいであり、見やすいです!

まるで芸術作品のようです。

なんでも、画家が描いた絵にコンピュータ処理がされているそうです。

そして、解剖だけでなく、運動、医学などの役に立つ知識が、多すぎない程度に簡潔に書かれているのも魅力的です。

僕はこれに自分なりに思ったことや勉強したこと、気づいたことを書き込み、情報を集約しています。

僕にとっては手放せない1冊ですね。

値段は高かったですが、買って後悔は絶対しない本ですね!

プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版

新品価格
¥12,960から
(2014/11/29 01:53時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket