ベンチプレスをするとき、ついついバーを握りしめていませんか?

実はバーを握りしめてしまうと、腕や肩に力が入ってしまいます。そのため、スムーズな肘の曲げ伸ばしを邪魔してしまい、結果的にバーに力を伝えにくくしてしまいます。

身体の動きは回転運動〜力を無駄なく伝えるためには〜>にある通り、回転運動を直線の動きに変換するため、肘、手首のスムーズな動きは不可欠です。

そのスムーズさを阻害する余計な力みは避けたいところです。

ベンチプレスでバーベルを持ち上げることは、腕立て伏せのときに床を押すことと非常によく似ています。安全面を考慮に入れなければ、握る必要まったくありません。

バーベルは握るのではなくて、手に乗せる意識でいることが重要なのです。

ただ、安全面からいうと、バーベルから指を離してしまうのは危険なので、軽く巻きつける、というより、バーが手から浮いてこないように指先をバーに乗せるくらいはしたほうがいいと思います。

基本的にバーベルは親指と人差し指の間の部分を通るので、親指を乗り越えない限りはバーベルが落ちてしまうことありません。そして、親指がへたらない限りは、よほどのことがないとバーが手から落ちるなんてことはありません。

なので、親指を乗り越えないようにバーを上から残りの4指で軽く押さえてあげたらいいでしょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket