ベンチプレス

ベンチプレスでベンチを無理やり押そうとするのは逆効果

以前、ベンチプレスはバーベルを押すトレーニングではなく、ベンチを押すトレーニングであるという記事を書きましたが、これは、意図的にベンチを押すべきという意味ではありません。

<参考>

今回は、そのことを記事にしたいと思います。

ベンチプレスは、自らの身体が、バーベルとベンチの間の「つっかえ棒」となり、またはバーベルを置く台座となるようなトレーニングです。

台座やつっかえ棒は、ただの「台」であり、「棒」であるので、自らの意思で地面やベンチやバーベルを押すことがありません。

いずれも、外部の圧力がますほど力を発揮するものです。

例えば、テーブルを考えてみましょう。

何も乗っていないテーブルは、テーブル自身の重さ分だけ床を押している状態です。

そして、床も、テーブルの重さで押された分、反作用としてテーブルと同じ重さと同じ力を返しています。

当然、この2つの力はつり合うので、テーブルは静止したままです。

<参考>

では、テーブルにコップを置いてみましょう。

テーブルにコップを置いたとしても、テーブルが折れたりしない限り、テーブルは静止したままです。

しかし、テーブルはコップが乗ったことによって、テーブルとコップを足した重さにあたる力で床を押しています。

そして、床ももちろん、同じ力を返すからこそ、テーブルは静止したままです。

テーブルは押そうとしたわけではないのに、コップが乗ることによって、床を押す力が増しており、そして、床からの反作用も増しています。

これをベンチプレスにあてはまめると、床がベンチ、コップがバーベル、そして、テーブルがトレーニーなのです。

つまり、バーベルの重さが増えれば増えるほど、ベンチを押す力は増すのです。

だからといって、バーベルが重ければ重いほどいいかというとそうではありません。

テーブルに車を乗せたなら、おそらくテーブルは折れてしまうでしょう。

これは、ベンチプレスでいわゆる「つぶれた」状態です。

ベンチプレスにおいては、フォームを維持することが重要であり、フォームが崩れるということは、テーブルが折れるのに等しい状態なのです。

ただ、ベンチプレスとテーブルで違う点があります。

それは、地面に対して垂直近い状態で柱が出ていないという点です。

図を見てもらうともうわかってしまったかもしれませんが、ベンチに加える力を増やすのには、「アーチを高くする」必要があるのです。

アーチが低くなってしまうと、図にある通り、反作用の力が頭方向に逃げ、背中が頭方向にすべっていったりと力のロスにつながります。

ぜひ試してもらいたいのですが、バーベルを掲げた状態で、アーチの高さを変えると、アーチを高くしたほうが肩甲骨がベンチを押し込む感覚が強くなることを実感してもらえると思います。

だからといって、無理にアーチを高くしようとすると、床を踏むことになり、結局台座としての身体の存在を逸脱することになってしまいます。
<参考>


ベンチプレスの強い人は、アーチを高く保つことができています。

あなたがもし、ベンチプレスに強くなりたいなら、ストレッチをして柔軟性をあげることに力を入れるといいかもしれません。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す