free web hit counter
ベンチプレス

ベンチプレスでベンチを無理やり押そうとするのは逆効果

以前、ベンチプレスはバーベルを押すトレーニングではなく、ベンチを押すトレーニングであるという記事を書きましたが、これは、意図的にベンチを押すべきという意味ではありません。

<参考>

今回は、そのことを記事にしたいと思います。

ベンチプレスは、自らの身体が、バーベルとベンチの間の「つっかえ棒」となり、またはバーベルを置く台座となるようなトレーニングです。

台座やつっかえ棒は、ただの「台」であり、「棒」であるので、自らの意思で地面やベンチやバーベルを押すことがありません。

いずれも、外部の圧力がますほど力を発揮するものです。

例えば、テーブルを考えてみましょう。

何も乗っていないテーブルは、テーブル自身の重さ分だけ床を押している状態です。

そして、床も、テーブルの重さで押された分、反作用としてテーブルと同じ重さと同じ力を返しています。

当然、この2つの力はつり合うので、テーブルは静止したままです。

<参考>

では、テーブルにコップを置いてみましょう。

テーブルにコップを置いたとしても、テーブルが折れたりしない限り、テーブルは静止したままです。

しかし、テーブルはコップが乗ったことによって、テーブルとコップを足した重さにあたる力で床を押しています。

そして、床ももちろん、同じ力を返すからこそ、テーブルは静止したままです。

テーブルは押そうとしたわけではないのに、コップが乗ることによって、床を押す力が増しており、そして、床からの反作用も増しています。

これをベンチプレスにあてはまめると、床がベンチ、コップがバーベル、そして、テーブルがトレーニーなのです。

つまり、バーベルの重さが増えれば増えるほど、ベンチを押す力は増すのです。

だからといって、バーベルが重ければ重いほどいいかというとそうではありません。

テーブルに車を乗せたなら、おそらくテーブルは折れてしまうでしょう。

これは、ベンチプレスでいわゆる「つぶれた」状態です。

ベンチプレスにおいては、フォームを維持することが重要であり、フォームが崩れるということは、テーブルが折れるのに等しい状態なのです。

ただ、ベンチプレスとテーブルで違う点があります。

それは、地面に対して垂直近い状態で柱が出ていないという点です。

図を見てもらうともうわかってしまったかもしれませんが、ベンチに加える力を増やすのには、「アーチを高くする」必要があるのです。

アーチが低くなってしまうと、図にある通り、反作用の力が頭方向に逃げ、背中が頭方向にすべっていったりと力のロスにつながります。

ぜひ試してもらいたいのですが、バーベルを掲げた状態で、アーチの高さを変えると、アーチを高くしたほうが肩甲骨がベンチを押し込む感覚が強くなることを実感してもらえると思います。

だからといって、無理にアーチを高くしようとすると、床を踏むことになり、結局台座としての身体の存在を逸脱することになってしまいます。
<参考>


ベンチプレスの強い人は、アーチを高く保つことができています。

あなたがもし、ベンチプレスに強くなりたいなら、ストレッチをして柔軟性をあげることに力を入れるといいかもしれません。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す