僕は直感的か論理的かと聞かれれば、間違いなく論理的な方であるといえます。

これは、僕自身だけでなく、少しでも僕と関わった他人ならほとんどの人がそう思うんではないでしょうか。

そんな僕がある日kindleでベストセラーの項目にあるタイトルを眺めていたら、強烈に目を惹かれるタイトルだったのがこの本です。

論理的ということは、すなわち出発点があって、そこから1つ1つ話を広げていくことは得意なほうなのですが、反面、突拍子もないことを思いついたりすることは多くありません。

この本の「感覚を身につけ」ようというフレーズがすごく刺激され、ついつい購入ボタンを押してしまいました。

「マーケット感覚」というキーワードいいですね。まさにマーケット感覚のたまものです(笑)

この本では、市場とは何か、価値とはなにかなど、基本的なことから説明してくれていて、マーケティングなどに疎い人でも読みやすいつくりになっています。

商売をしてないから、そんな感覚は必要ないと思った人もいるでしょうが、今は多くの部分で市場化が起こっています。

たとえば、就職市場や婚活市場、インターネットの普及で市場化を免れるものはないんじゃないか、というくらいの状況になっています。

この社会に生きる人にとってマーケット感覚は身につけていて損どころか得しかないと思います。

「マーケット感覚」と聞いて「おっ?」と思った人、ぜひ読んでみてください!

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

新品価格
¥1,620から
(2015/5/5 01:53時点)

マーケット感覚を身につけよう



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket