睡眠は、トレーニングだけでなく、健康にとっても欠かすことのできない要素です。

睡眠に関しては様々な実験などが行われているようですが、主張したいことは共通しているように感じます。寝ている最中にはなにもできず、なにかできるといえば、寝付くためになにかすることと、起きるためになにかすることしかないからです。そのため、あまり大きく主張が別れようがないのかもしれません。もし別れるとすれば、睡眠時間の長さについてでしょうか。

また、睡眠は自分の意識のない中で行われるものであり、軽視されがちな部分だと思います。

だからこそ、睡眠学を学び、生活に取り入れることで、トレーニング効果の向上もはかれると思われます。

本書は、睡眠学の内容に加え、タイトル通り、睡眠の質の悪さがどのような病気をもたらせてしまうかについて書かれています。これらの病気に関しても、睡眠学の内容の繰り返しのような記述になっています。なので結果的に睡眠学の重要事項を学べる本になっています。

睡眠学を突き詰めよう、ではなく、気軽に生活に睡眠学の知識を取り入れようと考えているだけならば、この1冊で充分ではないでしょうか。

万病をふせぐ眠り方

中古価格
¥228から
(2017/2/2 18:43時点)



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket