中医学は、人体は内臓、四肢、百骸、五官、皮、毛、筋、肉、血、脈などで構成されているとされています。

挙げた中でわかりにくそうな、内臓、百骸、五官、筋、肉について説明していきます。内臓はとくにややこしいので、最後に説明します。

百骸は、人体にある大小すべての骨格を指します。「百」は数字の単位ではなく、「たくさんある」状態を形容した言葉なんです。

五官は、鼻、目、口唇、舌、耳の5つの器官を指します。

筋と肉についてですが、筋は腱のことを指し、肉は筋肉のことを指します。僕は最初「筋」を「筋肉」であると勘違いしてました。

そして、最初にも書きましたが、特にややこしいのが内臓です。

中医学の内臓は、肝、心、脾、肺、腎の五臓(または心包絡をからめて六臓)の臓器と、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の六腑に分けられ、その他を「寄恒の腑」として、脳、髄、骨、脈、胆(六腑と寄恒の腑それぞれに属する、六腑のその他の腑とは機能が異なるため)、女子包(子宮)が含まれ、分類されます。

ここまではいいんですが、これらの内臓は、西洋医学でいう肺や心臓などの臓器とは別個のものなんです。

???ですよね。

西洋医学の内臓は身体を解剖して存在するものを臓器としているのに対し、中医学の内臓は、体内の臓腑が体外に表現する現象のことを指します。

西洋医学でも中医学でも「肺」と呼ばれているものがありますが、西洋医学的な肺は、肺という臓器のことを指し、中医学では、呼吸やその他ある一定の機能を「肺」という概念でまとめ、認識しているようです。

ですので、似ていることも多々ありますが、中医学の臓腑は中医学独自のものであって、西洋医学的な先入観をもっていては、理解を深めることができません。

ややこしいですが、中医学を学ぶ上では頭に入れておくようにしましょう。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket