人とは生きる水槽である~循環させることで人は成り立つ~

あなたは水槽を使って生き物を飼ったことがありますか?

僕は昔イモリを飼っていたことがあります。最終的に逃げられましたが(笑)

水槽で生物を飼っているとよくわかるんですが、水を交換しなければ、すぐに苔が生えてきたり、生物の排泄物などで水がよごれてしまいますよね。

実は、人間の身体も同じなんです!

人間の体も70%は水分でできており、その水分を絶えず入れ替えることによって体内を正常に保っています。ただ、その交換がうまくいかないと、水槽の水が汚れてしまうのと同じように、人間の体も、毒素の排出がうまくいかなくなり、さまざまな不調を引き起こします。

循環の停滞は衰退を生みます。

地球全体ですら、雨水が地に降り注ぎ、また蒸発して空にかえっていくように、常に水の循環があります。

循環させるとは、絶えず変化させることでもあります。

たとえば、川みたとき、同じ光景でも、絶えず水が流れ続けて、目の前の水は常に変わっています。

水を体内で常に流れさせ、変化を起こさせることで、身体を浄化する。だからこそ、汗をかかせるような商品が生まれてきたりするんですね。

たとえ、汗をかかなくても、絶えず呼吸や汗腺などから水分は体外に出ているので、水分補給はこまめにするようにしてください!

あと、きれいな水を入れてあげることも大切です。

ジュースなどは、さらさらの液体であっても、身体にとっては不純物の多いドロドロ水です。

ジュースではなく、水を飲んであげてください。それだけで身体のだるさや、軽い痺れがとれることがありますよ。

また、循環経路である血管が固かったり、よれていたりすると、循環しづらくなるので、日ごろからストレッチなどをして、血管を血液が流れやすいようにしておくことも重要です。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。