戦前から生きてきた、ある一人の男の物語です。

著者が、その男からのインタビューをまとめた口伝です。

僕は男のことを詳しくは知りません。

しかし、読んでいると、すごく惹かれてしまう人物です。

戦争を死の一歩手前を生き抜き、地獄も天国も通り過ぎてきた男は、その瞬間瞬間に何を思ったのか?

一つ歯車が狂っていれば、この口伝は世に出なかったかもしれない。。。

そんなことを思うと、感慨深くなる一冊です。

生きているのがつらくなったとき、苦しくなったときに読めば、勇気づけられるかもしれません。

人生の旋律 (講談社+α文庫)



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket