どうして筋トレでつけた筋肉が使えないのか?

筋肉をうまく使うには?

そして、筋肥大についてのメカニズムについてが詳しく書かれています。

またスポーツの種類ごとのざっくりした理想体型についても書かれてあったりします。

この本は科学的な視点から、データを用いて説得的に理論をすすめていきます。

ただ、その反面、よく読むと、筋トレってまだまだわからないことだらけなんだなということが、よくわかります。

かなり、著者の推測による話も多いです。

言葉の解説もちゃんとしてあって、たぶん初心者の人でも読みやすくなってると思います。

僕としては、大部分は楽しんで読めましたが、考え方の根本が違うので、やはり納得できない部分も多かったです。

ただ、最近のトレーニング科学について少しわかりました。

トレーニングは、力の源である筋肉の肥大による、ハード面の向上、SSCによる筋肉の使い方を上達させるソフト面の向上に分けて考えているようです。

ほかの本も何冊かかるく目を通しましたが、そういう考え方が大きくなってきているみたいですね。

僕がよく読んでた頃の筋トレの本が筋肥大についてほとんどのページを割いていたことから考えると、だいぶ変わった印象を受けました。

話がちょっとそれかけましたが、この本はスポーツをする方にはとくにおすすめです。

使える筋肉・使えない筋肉 理論編―筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

新品価格
¥1,728から
(2016/9/30 02:53時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket