free web hit counter
コラム

信用と信頼の違いとは?

「信用」と「信頼」は、どちらも「信じる」という点では同じですが、では、その違いとはなんでしょうか?

これは、それぞれの使われている場面を想像してもらえれば、その本質に近づくことができると思います。

まず、「信用」については、企業に対してや、金銭関係においてよく聞きますね。一方、「信頼」はスポーツなどのチームプレイでよく耳にします。

では、細かくみていきましょう。例えば、お金を借りるときに不動産につけられる抵当権。

抵当権は借金が期限通り返ってこなかった場合に権利がつけられた財産を売却し、返済金の代わりとする権利です。

このことから、信用は条件付きであることがわかります。

また、お金を貸す相手も、借金を踏み倒していないかなど、今までの実績を調べると思います。つまり、お金を貸してもいいか、言い換えれば、信用できるかどうかを、過去から現在までの実績を根拠として判断していることがわかります。

一方、「信頼」は、抵当権のような条件がつくことはありません。チームプレイで条件を求めるようなことはありませんよね?

そして、その根拠は、間接的に実績をみているときはありますが、実際は、期待感や好意などの感情です。

以上から、「信用」は現在・過去の実績を根拠に条件付きで信用することで、「信頼」は感情を根拠に無条件で信じることです。

なので、「信用」と「信頼」の違いは、その根拠と条件の有無に違いがあると考えます。

余談ですが、「信頼」はいきなりされることは稀です。ほとんどの場合が、「信用」の積み重ねから成り立っています。

チームプレイで仲間を信頼できるのは、一緒に練習してきたりして、その相手の様子を見てきた、ともに練習してきたからでしょう。

「信用なくして信頼なし」です。

だからこそ、一度失った信頼を取り戻すのは、大変なのですね。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す