常識から外れた、興味惹かれるタイトルで、思わず購入してしまいました。

いい姿勢=胸を張って腰を反らす、という考え方は、僕もよく聞くので、結構一般の人の多くはそう思っているんじゃないでしょうか。

人間の体は骨が積みあがって成り立っているので、それを無理なく安定するために積み上げればいいのです。

なので、「必ずしも胸を張ったり、腰を反らしたりしなくてもよい」というのは、僕の中の認識とマッチしていました。

ただ、読んでいてハッとさせられたのは、「背骨の柔軟性」についてです。もっといえば、背骨のブロック一個一個が柔軟に動くかという意味の柔軟性ですね。

トレーニングにおいては、股関節の柔軟性を強調されるものが多く(スクワットしかり、デッドリフトしかり)、あまり背骨の柔軟性については言及されません。

僕自身、背骨の柔軟性をあげるストレッチはしていても、それを主な目的として行う意識が強くなかったなーと反省させられました。

お客さんの中でも、「自分でストレッチしてます」という人の多くは、股関節に対するストレッチをいっている場合が多かったです。どうしてもそこに注意が向きやすいんでしょうね。

とくに、トレーニングで腰を痛めた経験のある人にとっては、一度読んでみたほうがいい本だと思います。本書には、背骨の柔軟性に対する簡単なケアの方法も書かれているので、僕も毎日実践しようと思います。

健康になりたいなら、ちょっと猫背が実はいい 痛みと不調が消えていく、新しい「姿勢の教科書」



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket