free web hit counter
書籍のレビュー

先人に学ぶ 食品群別・効能別 どちらからも引ける 性味表大事典

本書は『五性・五味・帰経がひと目でわかる 食品成分表』と同じく、五性、五味から食品の性質がわかるようになっている、食品事典です。ただ、本書のほうは、時代や場所による同じ食品において、微妙な効能の違いまで考察されており、ほぼ中医学よりの内容になっています。

中医学の基礎知識についての解説は少なく、ある程度知識がないと意味がとりづらいでしょう。

タイトルにもある通り、食品群・効能別のどちらからも食品を引けるのは便利ですね。「便秘に効く食べ物はなんだろう?」といいう疑問に対して答えを導きやすくなっています。ただし、効能の種類も中医学的に書かれており、(例えば、効能別の一つ目の項目は、「開表・解表・解肌・疏散・疏風・発表・透疹」)言葉の意味がわからないと、本書自体も意味をもちません。

中医学用語は、『中医基本用語辞典』を引きながら調べることをお勧めします。

巻末には、季節ごとの病と養生(正しい対応の仕方、ここでは、季節に対する正しい過ごし方)について書かれているので、季節ごとに何に気を付けて過ごしたらよいか、季節ごとにいい食べ物は何かを参考にすることができます。

僕個人として、興味深かったのは、そのあとに、数ページだけ割かれている気功についてです。気功って聞くと、人によってはちょっと怪しい感じがしたり、ただの軽い体操みたいなもののような感じがすると思います。それは当然だと思います。なにせ、気というものは目に見えない物質とされているのですから。

ただ、読んでみると、気功で一番大切にされていることは、どうやら、自分の身体を感じること、にあるようです。自分の身体の感覚に関心を向け、より感じられるようにすることこそが、気功をする上で大事なポイントのようです。

脳は、自分の認識したいもの以外、認識しにくいようにできています。感覚も、自ら感じようとしなければ、なかなか感じにくいものです。例えば、視覚では、自ら見ようとしなければ、視界に入っているものでも脳は認識できません。

まして、自分の身体をどの筋肉が収縮して動かしているのか感じようなんて、多くの人が気にもしないでしょう。だからこそ、自分の感覚に関心を向けてあげることは重要になってきます。

食品の部分とは少し離れてしまいましたが、少し気功について勉強してみようと思いました。

先人に学ぶ 食品群別・効能別 どちらからも引ける 性味表大事典

新品価格
¥3,888から
(2017/5/3 23:48時点)

姿勢が良くなると、人生は変わります。

姿勢が良くなると人生は好転します。

僕の場合は、姿勢が良くなることで、

・パソコン作業で眠くなりにくくなって、集中力が高まった。
・身体が引き締まって6キロほど体重が落ちた
・トレーニングで身体を痛めることが少なくなった。
・身体が固くなりにくくなって、100度ほどしか開脚できなかったところから、180度近く開脚できるようになった。
・快適に座れているか、といった他の人では気づきにくいところに気遣いができるようになった。
・もともと大雑把でだらしない性格だったが、人から「きちんとして真面目そう」と言ってもらえるようになって、本当に何事も真面目に取り組むようになってきた。

など、さまざまな恩恵をもたらせてくれました。

また、僕はお客さんに姿勢について伝える仕事をしているので、お客さんからも、変化を聞かせてもらいます。

・膝が昔から痛くて、不安から歩くのにも気を使っていて、長時間歩かなければならないところに行くのは避けていたけど、軽くランニングができる程度にまで改善して不安がなくなり、長時間散策するようなところにも旅行にいけるようになった。
・膝や腰が痛くて、孫を抱くのも辛かったけど、気兼ねなく抱けるようになってよかった。
・ゴルフをすると必ず腰が痛くなっていたが、痛みなくプレイできるようになったし飛距離も以前より伸びてますますゴルフが楽しくなった。
・同窓会に行ったら、姿勢を褒められて嬉しかった。もっと若く綺麗に見られるように気を使うようになった。
・患者さんが口にしないけど辛かったちょっとしたことに気づき、対処できるようになって喜んでもらえた。
・姿勢が良くなって身体の調子が良くなってきたことから、わずかなことでも、積み重ねが大事なんだと改めて気づかされた。
・奥さんから「最近痩せた?」と聞かれて嬉しかった
・病院にいっても治らなかった太ももの付け根の腫れが改善した

などをはじめとした変化を聞かせていただいています。

 

そんな姿勢の重要さに気づき、良い姿勢にしようと思って意識はしてみるものの、

すぐに疲れてしまったり、他のことに集中してしまうと忘れてしまったり、身体に痛みを感じるようになったり、中には息苦しくなってしまったりして、断念している人が多いです。

これは、目指すべき良い姿勢が間違っているからです。

姿勢は耳、肩、腰、膝、くるぶしが一直線に並んでいるかといった、見た目で評価してしまいがちです。

しかし、姿勢は見た目だけで評価できるものではなく、「身体にかかる負担が少なくなっているかどうか」で判断されるべきものです。

 

姿勢を適切に評価し、姿勢改善していくためには、まず姿勢を理解する必要があります。

そのために、僕は姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来有料のものですが、メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

読めば姿勢を鏡で見なくても把握できるようになり、いつでも修正することができるようになります。

姿勢は理解するだけでも改善します。

もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す