野球選手のイチローが取り入れていると一時期話題になっていて、以前から、初動負荷理論には興味がありました。

そこで、初動負荷理論について触れるべく読んでみたのが本書です。

内容はタイトル通り野球に特化していることや、解剖学的知識に関わる話も多く、トレーニング初心者には読みにくいかもしれません。野球指導者やトレーナー向けといったところでしょうか。

僕は、「初動負荷理論」という名前から、動作の初動に負荷をかけるトレーニングを想像していたのですが、どうやらそれは勘違いだったようです。

初動において、適切な負荷でもって主働筋を伸張させることで、伸張反射を利用して、大きな力を楽に発揮する運動なのです。

現在でいうプライオメトリクストレーニングに似た、動作に特化したトレーニングになります。

初動負荷理論においては、主働筋の「弛緩-伸張-短縮」の一連動作をうまく使うために、身体をどうすればいいのかを突き詰めていくところに主眼が置かれています。この点は、初動負荷理論独特の考え方といっていいでしょう。

初動負荷理論によって身体にどのような効果が出てくるか、具体的にどのようなトレーニングをすればいいかは実際に本を読んでいただいたほうがわかりやすいと思います。

2000年以前の古い本ではありますが、「なるほど」と感心させられる内容であることはすごいと思いました。

初動負荷理論による野球トレーニング革命

新品価格
¥8,530から
(2017/11/4 22:05時点)



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket