栄養学を勉強するにあたって、まず全体像をつかみたかったので、タイトルから簡単そうなこの本を入門書として選びました。

中身は、栄養とは?というところから、栄養と遺伝子の関係についてまで述べられていました。文章量は一般的なテキストと比べると、それほど多くはなく、イメージを喚起しやすいイラストが多様されていて、理解を助けてくれました。

印象的だったのは、栄養学の本なのに、生理学についての話がよく出てきたことです。この本とほぼ同時期くらいに生理学の入門書を読んでいたので、内容が重複することが少なからずありました。

このことから言えるのは、栄養学を学ぶために生理学は切っても切れない関係にあること、その関係性についても学ぶ必要があることです。

「この栄養を吸収すれば、単に~になる」という機械的な暗記ではなく、その間にある、生理機能との関係もきちんと示してくれているので、理解しやすかったです。

栄養学を学びたいと考えているなら、ぜひこの本からはじめましょう!

図解入門よくわかる栄養学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)

新品価格
¥2,376から
(2015/7/14 14:48時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket