今までに運動をしてこなかったという人は、動きの中でどこの筋肉を使っているかなんて関心をもってこなかったので、筋肉をつかっている感覚が得にくい場合があります。

 

その状態でトレーニングの形だけ真似ても、実際はあまり大きく関わってこない筋肉をつかってしまって、下手をすると痛めたりする原因になってしまいます。

 

手をあげたらどこを使っているのか、足をあげたらどこをつかっているのか、ある程度の知識と感覚を知っていることは、良いトレーニングをする上では重要です。

LINEで送る
Pocket