あなたは姿勢を気にしていますか?気にしているなら、なにがきっかけで気にし始めましたか?そもそも、姿勢とは何か知っていますか?

フィットネスにかかわる人でも、「姿勢の定義とは?」と聞かれると、すぐにこたえられない人も少なくないでしょう。

姿勢とは、重力に対する身体の反応です。言い換えると、重力と身体との引っ張り合いの結果が姿勢なのです。

画像の赤矢印は地球の引っ張ろうとする力(重力)、緑の矢印は地面を押して立とうとする力(地球に引っ張られまいと抵抗する力、立つ人間の引力)です。

いい姿勢というのは、この引っ張り合いの負担をできるだけ最小限に抑え、それによって体の負担を減らし、さらに、その負担を一部分だけに背負わせない体勢のことをいうのです。

背筋を伸ばせばいいとか、猫背でなければいいとか、そんな簡単な話じゃありません。

姿勢をトレーニングに置き換えるならば、トレーニングフォームです。フォームの悪いトレーニングは発揮する力の低下や下手をすると怪我につながりかねません。

姿勢は日常のフォームなので、トレーニングほど強い負荷はかかりませんが、長時間に渡って影響を及ぼすため、身体への影響は甚大なものになります。

姿勢に気をつけることは、そのままトレーニングの質の向上につながります。
ぜひ一度自分の姿勢を気にしてあげてください。

なにを気をつけたらいいかわからない人は、まず足裏の真上に頭がくるように気をつけてみてください。

<参考>



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket