身体の使い方・姿勢について

姿勢を可視化できるか?~足裏の感覚は可視化できるか?~

姿勢の良し悪しは、立っている場合は身体の底部分にあたる足裏で感知できることをこのブログでは幾度もお伝えしてきました。

https://clever-body-training.com/%E3%80%90%E5%A7%BF%E5%8B%A2%E3%81%AE%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%80%91%E5%A7%BF%E5%8B%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%81%E8%B6%B3%E8%A3%8F%E3%81%AE%E9%87%8D%E8%A6%81%E6%80%A7%E3%80%81%E5%A7%BF/

しかし、どうしても感覚を判断基準においてしまうのは曖昧に感じる人も少なくないと思います。

曖昧ながらも、感覚を判断基準にすべきことがベストであることは、揺るぎないことですが、それでも、この弱点?ということもできる曖昧さを補う方法はないか、僕は常に考えています。

僕は、科学や工業などにはうといので、感覚を数値化することは、不可能ではないながらも、現実では困難ではないかなと思います。

感覚は、神経を伝達する電気信号がなければ感じ得ないはずで、その電気信号を解釈・表現できれば、感覚を数値化する、あるいは目に見える形にすることは実現するのではないでしょうか。

現に、電気信号自体は、とらえることができていて、脳から発生する電気信号をとらえて、ロボットの手などを動かすというものが開発されていたりします。

これって、かなり詳細に電気信号をとらえることができる技術があることを示していると思います。

たぶん、1番の問題は、電気信号の解釈よりも、どうその信号を表現するかだと思います。

それよりも、感覚を他人と共有するための機械などが、早くできそうな気がします。

電気信号を目に見える形に置き換えるより、直接他人と共有させたほうが表現する必要がなく手っ取り早そうですしね。

感覚を共有できれば、運動指導は今よりもぐっとやりやすくなると思います。

現在、セッションでは、主に言葉や感じるべき場所に触れるという触覚によって感覚を伝えていますが、どうしても限界があります。

なぜかというと、僕が伝えたい感覚と、僕が伝えている感覚、さらにお客様側に伝えた感覚に対する理解と、お客様が実際に感じている感覚がすべてマッチしないと伝わったとはいえないからです。

これは、テレビでグルメリポートを見て、味を共有できるかどうかと同じことです。

材料や製法を聞いて、ある程度の味は共有できるでしょうが、完全に共有することはできないでしょう。

そもそも、共有できたと確認することも困難でしょう。

味覚は好みもあるので、同じ電気信号を受けたとしても、食べ物から受ける印象が違うでしょうしね。

セッションであれば、ついさっきまで持てなかった重さが持てるようになったり、痛みが軽くなったりするので、味覚よりは伝えやすいとは思います。

ここまで、感覚を伝えるということを書いてきましたが、逆も考えなければなりません。

お客様に運動を指導し、適切といえる感覚を伝えても、1発で「これだ」とたどり着くことは、ほとんどないです。

なので、動きを修正しなければなりません。

そのとき、お客様にできるだけ自分が感じている感覚を言葉にしてもらい、その言葉と動作を見て、僕の側でお客様が感じているであろう感覚を推測した上で、動作を修正しなければなりません。

「動作を見て」なんて言っていますが、動作を見てわかるくらいなら感覚を推測する必要はありません。

この「動作」は、動作そのものというよりは、力の流れみたいなものを見てます。

その流れが途切れるところが修正ポイントであることが多いのです。

ですが、これも、あまり当てにできるものではありません。

なので、ほとんどの場合は感覚の推測を頼りにやっていくことになります。

さながら感覚の翻訳家にでもなった気分です。

このあたりが、トレーナーとしてのプロとしての技なのかなと思います。

他のトレーナーはどうなのかはわかりませんが、僕はかなりこの翻訳にエネルギーを使い、負担がかかっている気がします。

感覚が共有できれば、上記のような表現する必要がお互いになくなり、「この感覚があれば、オッケーです」「この感覚では良くありません」という2択で伝えることができます。

ただし、姿勢の場合は少し話が変わります。

姿勢は、感覚と違って可視化できる可能性が高いのです。

「いやいや、姿勢は、足裏の感覚で判断すると何回も書いているやないか」と思われる人もいるかもしれませんが、足裏が何を感じているかというと、骨の積み木による「圧力」です。

圧力は数値化できます。

つまり目に見える形にできるのです。

どこまで詳細に圧力を数値化できるのかは僕にはわかりませんが、感覚を可視化するよりは可能性が高いのではないでしょうか。

例えば、靴の中敷きや靴下に圧力センサーをつくり、良い姿勢の場合の圧力を計測しておいて基準とし、普段の生活の中でセンサーの圧力が一定時間基準と違う値をとれば、スマホやスマートウォッチに知らせるみたいな製品があればおもしろいなとか妄想してます。

ただ、妄想段階で考えられる問題も多く、

そもそも、どのくらい詳細に圧力を計測できるのか

圧力を計測できたとして、そのセンサーを靴の中敷きや靴下の底に装着できるほど小型化できるのか

体重が変化した場合、圧力も変わってしまうのではないか

体勢が変化したときには、いくら良い姿勢でも圧力に微細な変化が出てしまうのではないか

歩くといった動作をしているときは、常に圧力が変化することになるので、計測が困難になるのではないか

みたいな問題が考えられます。

ただ、もし、この製品ができたとしたら、人間の姿勢事情は大きく変わってくると思います。

もっと姿勢の重要性に気づく人が増えてきたら、こういった製品も開発する人があらわれてくるのでしょうか?

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す