この本は、同じ年の友人から勧められた本です。

いつも悩ましげ(?)な顔をしているからでしょうか(笑)

この本によると(友人から勧められたときも同じことを言われましたが)「すべての悩みは対人関係の悩みである」そうです。確かに、仕事にしても、お金にしても、自分以外の他人がいないと成立しないものです。

孤独すら、他人が存在しなければ感じることはありません。

僕も、大学のとき、独りで行動することが多かったですが、孤独感を感じるのは、周りで楽しそうにしている学生を見たときが多かったなと、本を読みながら思い出しました。

この本で書かれているのは、「アドラー心理学」についてです。アドラー心理学とは、オーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラーが20世紀初頭に創設したまったく新しい心理学です。

「心理学」と名前はなっていますが、人の心の傾向を統計的にみるのが心理学だと思っていた僕にとっては、別の学問、分野に思えました。

なにか悩んでいるという人、幸福とはなんだろうとよく考える人は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2015/5/4 22:29時点)

嫌われる勇気



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket