「客観」性があるというと、「誰もが納得できる、誰にとっても同じである、第三者的立場にたっている」性質があるということを意味しています。

一般的に、上のような意味から、「客観」という言葉は、議論などのときに説得性を示すように使われます。

また、一方で、「誰にとっても同じ」というところから、「絶対性」の意味合いも含まれています。

しかし、よく考えてほしいのです。本当に客観は説得的で、絶対性があるのでしょうか?

科学は、正しいわけではありません(→参照『科学的』とは正しいか?

科学は膨大な実験により、「正しい」に近いだけです。

第三者的目線といえば、聞こえはいいですが、第三者目線は、第三者の主観にすぎません。

思考のプロセス(参照→『思考とは?~「考える」を考える~』)から見れば、「結論」を根拠づけるのは、その思考を行っている人の主観(その人の気持ち)でしかありません。

ただし、根拠がない、つまり、「なんとなく」はありません。

結論(結果)には理由(原因)はあるけども、理由(原因)に絶対はないのです。

「なんとなく」は、ただ自分の出した結論の根拠を説明できないだけです。一般にはそれを「直観」といいます。

自分の中で完結する思考であれば、結論に対する理由なんてなんでもいいのです。自分が納得できれば、それでいいのです。

だから、トレーニングも自分で納得できるものであれば、それでいいのです。

ただし、他人に自分の考えを納得してもらおうとしたとき、その結論の根拠を他人に納得してもらわなければなりません。

そのために、人は実験や観察を繰り返し、「正しそう」な根拠を得ようとしてきたのです。

そう思うと、客観(絶対性)は存在しないと思いませんか?

もし、客観が見つかったらぜひ僕に教えてください!



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket