普段の仕事の中で、チラシを作ったり、POPを作ったりすることがあるので、なにか参考になる本はないかと探していたところ、この本を見つけ、購入しました。

読んでみると、自分が思っていたより広い範囲の知識が網羅的に書かれており、1つ1つの内容は深くはありません。

著者も、広告を仕事とする人の入門書として書いたようで、僕が望んでいたものとは違っていました。

内容としては、広告について、多くの場合、広告会社の目線から解説しています。広告会社の仕組みや広告主への提案の仕方、スケジュール、広告業界のデータはほとんど読み飛ばしました。広告を仕事とする人にとっては、網羅的に書かれているので気軽な辞書感覚で使えるのではないでしょうか?

ただ、ターゲットの絞り方や商品の特徴の出し方といった考え方は勉強になりました。

広告の仕事をしたいと思っているなら持っていたら役立つ1冊だと思います。

この1冊ですべてわかる 広告の基本

新品価格
¥1,620から
(2014/11/29 03:24時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket