食事・栄養

微量栄養素

微量栄養素とは、食事で摂取すべき量が非常に少ない(mg、あるいはそれよりも小さな単位で示される)栄養素です。これに対して主要栄養素などは多量栄養素といいます。主な微量栄養素としてビタミンとミネラルが挙げられるので、ここではこれらについて説明します。

ビタミン

ビタミンは、有機物質(炭素原子を含む)で体内では合成されません。必要量はごく少量であり、種類ごとに特定の代謝機能を持ちます。ビタミンは水溶性と脂溶性に分類されます。脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kの4種類のみで、油脂類と同時摂取することで体内吸収率を高めることができます。

過剰に摂取すると体内に蓄積され、頭痛、吐き気など身体に変調をきたすことがあります。一方、水溶性ビタミンは(ビタミンB1、B2、B6、B12、 パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンCの9種類)、大量に摂取した場合でも不要分は体外に排出され、過剰摂取による副作用はほとんどあり ません。

また、水溶性ビタミンの特徴として、長時間の水洗いでビタミンが流出してしまうことや、加熱によって破壊されてしまうため、調理方法に注意する必要 があります。

ビタミンは、タンパク質、糖質、脂質がエネルギーに変換される際の代謝サイクルに必要不可欠な栄養素であると共に、それぞれのビタミンが異なる身体機能維持に作用して体を健康な状態に保ちます。

そのため、十分に摂取できない状況が続くと、欠乏症と呼ばれる健康障害を引き起こすことになるのです。代表的なものは、ビタミンA欠乏症である夜盲症、D欠乏症のくる病(幼児のみ)、B1欠乏症の反射神経異常(「かっけ」として知られています)などです。

ちなみに、有機物質とは、燃えると二酸化炭素を発生する物質・加熱すると黒くこげて炭になる物質のことをいいます。それ以外の物質は無機物質といいます。

ミネラル

ミネラルは、生体を構成する主要な4元素(酸素、炭素、水素、窒素)以外の元素の総称であり、無機質です。ビタミンが元素から作られる有機化合物であるのに対し、ミネラルは元素そのものです。

人間の身体に必要とされるミネラルは16種類とされ、これらを必須ミネラルと呼びます。ビタミン同様に、体の機能維持や調整に重要な役割を担っているミネラルは、1日あたりの必要量によって多量ミネラル(macro-minerals)7種類と微量ミネラル(trace- minerals)9種類に分けられています。

多量ミネラルに分類されるのは、カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムで、こ れらは骨や歯の形成のほか、神経細胞や筋肉細胞に電気的な興奮を伝える事で情報伝達や筋肉運動を行う機能に深く関与しているため、電解質ミネラルとも呼ばれています。

微量ミネラルは、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルトをさします。コラーゲンの合成・炭水化物の代謝、体内の酸素の運搬などに関係しているミネラルです。ミネラルの欠乏症として知られる代表的なものは、鉄、銅の欠乏による貧血カルシウムの欠乏によるくる病 (幼児のみ)や骨軟化症、ヨウ素の欠乏による甲状腺腫やクレチン病などです。ミネラルは摂取量が不足している時のみならず、過剰摂取によっても様々な過剰症中毒を起こすものがあります。

まとめ

微量栄養素って考えるとすごいですよね。ほんのわずかの量で身体に影響を与えるんですから。もしかしたら、微量栄養素を活用することが、強い身体への近道なのかもしれません。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は「姿勢」とは何か説明できないことに気づいてから、
ずっと「姿勢とは何か?」「本当に良い姿勢とは何か?」
考えてきました。

それは単に言葉の意味が説明できないというだけでなく、
それまでに教えられてきた「良い姿勢」というものに疑問を
持っていたからでもあります。

一般的にいわれている「良い姿勢」の判断基準としては、
「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」

とか

「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、
お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、
肩は壁についているか、頭は壁についているか」

みたいな基準によって評価されていることが多いです。

そして、僕もそう教わってきました。

しかし、見た目や壁を使った評価では、
「ふくらはぎの太さ」や「お尻の大きさ」
「背骨のカーブの具合」といった
個人の体格の差も評価に影響しやすいです。

また、評価するために他人(専門家)の目が必要だったり、
鏡や壁が必要といった場所の制限も受けてしまいます。

他にも、体勢が変わると評価できないという問題もあります。

このように、一般的な姿勢評価では、正確性や簡便さに問題があり、
場所の制約も受けてしまうのですね。

姿勢は365日24時間いろんな体勢において関わってくるものです。
なので、本質的に「良い姿勢」を保つならば、

常に自分の姿勢の状態を把握し、
姿勢の崩れに気づいた時に自ら改善していける
ことが必要なのです。

良い姿勢は本来無駄な力は抜けるので「楽」なものだし、
だからこそ心も「楽」になり、

そのような落ち着いた姿が美しく映るのです。

現代社会では、例えば腰の痛みで仕事に集中できないというように、
いろいろなストレスに耐えながら仕事をしているため、
自分本来の力を発揮できている人はほんのわずかです。

姿勢が良い人が増えて、

本来の力を発揮できる人が増えれば、仕事の生産性が向上して、
世界全体の経済も向上するし、肉体や精神を病む人も少なくなり、
医療費も削減できるようになると僕は本気で思います。

良い姿勢は誰でも目指せます。

たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人でも、
寝たきりの人でもです。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも
「筋肉をつけること」でもありません。

最も大事なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、
姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す