free web hit counter
ニュース

心を楽にするメンタルケアカウンセリング開始しました

Clever Body Trainingでは、「気づいて、感じて、快適に」をテーマに、身体を楽な状態にすることを目指して身体に負担の少ない姿勢や身体の使い方についてお伝えしています。

場合によっては、整体やストレッチといったことも駆使しながら。

ただ、最近は、身体からだけのアプローチだけではまだまだ不完全だなと感じていました。

身体はいい状態に向かっているはずなのに、疲れがとれないのか、元気のないお客様の姿を見たり、いろいろ悩んでいる話を聴いたりすることがあります。

お客様の中には、身体のことには触れずに、自分が今頑張っているという話や、自分に起こっている嫌なこと、不満なことを話される方もいらっしゃいました。

私とセッションで何でもないことを話すことで楽しいから続けていると言っていただけるお客様もいます。

私は、そのような体験を踏まえ、どうやら、身体を真に楽な状態にするためには、心、つまり精神面からのアプローチも不可欠だと考えるようになりました。

そこで、心・精神面を整体や身体の使い方を修正するようにケアできる方法がないか考えた結果、カウンセリングに至りました。

そして、この度、カウンセラーの資格を取得し、新サービスとして、「心を楽にするメンタルケアカウンセリング」を開始します。

カウンセリングの種類としては、対面で行う出張カウンセリング、電話にて行う電話カウンセリング、メールのやりとりにて行うメールカウンセリングに加え、マッサージされていると身体がほぐれて本音を話しやすいというお客様のお話から、整体とカウンセリングを融合させた、「心と身体をほぐす心身整体カウンセリング」をご用意しました。

詳しくは、下の画像をクリックしてみてください。

カウンセリングというと、心を病んだ人が受けるような印象があると思います。私もそう思っていた節があります。

しかし、実際は、そんなおおげさなものではなく、誰もが、自分の考えを整理するため、自分の気持ちを楽にするため、悩みを解決しようとするため、気軽に受けられるサービスです。

Clever Body Trainingの心を楽にするメンタルケアカウンセリングは、名前の通り、「心を楽にする」ことを1番に考えて実施します。

自分と仲のいい人に話すほうが、一見話やすいように考えるかもしれませんが、自分と距離が近い人にほど、後の人間関係を考えて本音が話にくかったりするものです。

自分の人間関係に全く関係ない赤の他人にだからこそ本音は話しやすかったりするものです。

そのような、本音を吐き出して心を楽にできる休息所のような働きができたらいいなと思います。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す